カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

ルポタージュ

寺田時雄さんのチャレンジ@大阪・加賀屋

昨日、8月25日、私は、大阪市住之江区の加賀屋地区で宣教活動を始めた畏友・寺田時雄さんを、訪問しました。 寺田さんは、大阪湾岸の商工業地帯で、長年にわたり様々なビジネスをしてこられました。その中で、住之江区は教会が少ないことに気づき、この地…

「イスラム国」による日本人人質殺害事件の経緯

「イスラム国」による日本人人質殺害事件について、事実関係を簡単に追ってみます。 湯川遥菜氏は2014年4月下旬に、シリアに一回目の潜入を行いました。すでに外務省からシリアへの渡航禁止令が出ていました。湯川遙菜氏はすぐに自由シリア軍に拘束されまし…

我々日本人は何ができるか? 何をすべきか?

<a href="http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/isil_b_6591406.html?fb_action_ids=771427009560393&amp;amp;fb_action_types=og.likes" data-mce-href="http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/isil_b_6591406.html?fb_action_ids=771427009560393&amp;amp;fb_action_types=og.likes">後藤さん殺害事件を受け、「あ…</a>

変えられた人生 ~ハッピーホームで育った女性のお話~

(注:以下の文章は、特定非営利活動法人 a cup of water のFBページから転載させていただきました。) https://www.youtube.com/watch?v=jGBurGO0VeQ 孤児としてハッピーホームで育った女性が自らの人生、心の変化を語っているとても心動かされるビデオです…

タイの孤児たちを救うために

【 Happy Home の活動について 】 1981年、ローズ・マルティネス(Rose Martinez)さんは、カリフォルニアのカルバリーチャペル(Calvary Chapel of Visalia)からタイに宣教師として遣わされました。 ローズさんの重荷は、タイの孤児たちが置かれている劣悪…

マンガ・アニメ聖書展ウラ話 01

2010年9月21〜24日、私は仲間と共に、初めてのマンガ・アニメ聖書展を神戸バイブル・ハウス(KBH)で開催しました。それは、ケリー篠沢さんらのマンガ聖書が日本聖書協会(JBS)から発行されたことがきっかけでした。 私はその少し前から、鍋谷堯爾先生等か…

明石港を民間のマンションが占拠する!?

昨日夕方、明石の実家に行く途中、明石港のフェリー乗り場(だったところ)を通って、驚いた。なんと、そこに民間のマンションを建てるという看板があったのだ。その名称は「ザ・ネバーランド明石 ハーバーゲート」。 http://www.akashi149.com/ 明石港と淡…

姥捨て山は今もある!【事件の真相 01】

竹本直江(たけもと なおえ)さん(仮名)は、定年まで教師を勤め上げた、聡明で温和なご婦人でした。退職後は、病気を持つ夫君の世話をして、そのご主人を先に天に送りました。その後、直江さんは、ひとり娘の泰代(やすよ)さん(仮名)と二人で、小綺麗な…

タイとカンボジアの孤児救済・養育を支援するNPO法人 a cup of water 福原正孝氏の証詞

【 a cup of water 紹介映像】 https://www.facebook.com/photo.php?v=597726713597091&l=5378633428602083947 【 a cup of water 公式サイト】 http://www.acupofwater.jpn.org/ 【NPO法人 a cup of water 福原正孝氏の証詞】 (2012年7月8日 神戸大石教会…

フィリピン・ネグロス島の話 01

20年ほど前に、筆者がフィリピンのネグロス島で、神父や農業労働者、子どもなどから聞いた話を総合して、紹介します。(簡単・大雑把ですが)。 ☆ ☆ ☆ スペインから来た侵略者と彼らに結託した地元の有力者たちによって、農地が独占され、農民は土地無し日雇…