読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

社会運動

福音派は社会的責任を果たしていなかったのか?

日本のプロテスタントを「福音派」「聖霊派」「リベラル派」「教会派」「社会派」といったカテゴリーで分類することについて、違和感を訴える方々がおられます。それも重要な意見だと思いますし、私も共感する部分があります。ただし、時代の流れや社会情勢…

政治力学のベクトルを見極める

ここ数年、どうも腑に落ちない、おかしな動きが日本のキリスト教社会に起こっています。教団や宣教団体の名において、左翼的に偏った反体制の政治運動を行うケースが、非常に多くなっているのです。 一例として、日本バプテスト連盟理事会が出した文書を分…

この会はどこへ行くのか

「特定秘密保護法に反対する牧師の会」という団体があります。筆者は加入していません。この会が近々、『緊急セミナー』という集会を開催するそうです。「この国はどこへ行くのか 日本と宗教ナショナリズムを巡って」というテーマのようです。 その会のFBペ…

プロ市民と化した牧師たち

「プロ市民」という用語があります。アマチュアの市民活動のように見えるけれど、実態は政党、左翼団体、右翼団体、在日民族団体、労働組合、教職員組合、生協、業界団体、宗教団体等に属するプロの活動家たちが指導している、というものです。筆者もかつて…

福音派と共産党の共闘?(3)

日本では国家機密が守れない。だから、米国から日本に重要な情報を送ることはできない。そのために、日米の防衛協力に重大な支障が生じている。だから、日本は秘密保護法を作らなければいけないーー。特定秘密保護法ができたのは、そのような事情があったか…

安保法制成立、これから…

戦争が無ければ「平和」と言えるのでしょうか。必ずしもそうとは言えないように思います。すべての人の人権が法的に保護されて、人間としての尊厳が守られ、誰もが自由に生きられる状態が真の平和であって、それらが侵害されているならば、平和な社会とは言…

平和を造るために

今、中国政府がキリスト教会を激しく迫害しています。もし中国が台湾や韓国を支配したら、その地のキリスト者も自由に活動ができなくなるでしょう。http://t.co/hcsxRsolNN #yjnewsbiz9月19日に国会で安全保障関連法が成立して、わが国は集団的自衛権の限定…

福音派と共産党の共闘?(2)

政府与党が推進する平和安全法制=安全保障関連法案に反対するために、日本共産党を含めて野党は共闘を続けてきました。そして、この安保法制が可決・成立したことを機に、日本共産党は他の野党と選挙でも全面的に協力すると、発表しました。安保法制反対運…

安保闘争リベンジ?

近ごろ恐ろしいなと思うのは、安保法案に反対することが絶対に正しいかのように、思い込んでいたり、あるいはそう感じさせるような発言をする人がいる、ということです。政治に、絶対的に正しい判断などあるのでしょうか? 平和安全法制等の整備について1960…

現代社会主義の新地平

信じた者の群れは、心を一つにし思いを一つにして、だれひとりその持ち物を自分のものだと主張する者がなく、いっさいの物を共有にしていた。彼らの中に乏しい者は、ひとりもいなかった。地所や家屋を持っている人たちは、それを売り、売った物の代金をもっ…

「社会運動」だぜっ!

社会運動2014.9 No.414 作者: 柄谷行人、上野千鶴子、津島佑子,港千尋 出版社/メーカー: インスクリプト 発売日: 2014/09/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 『社会運動』。この雑誌の編集主幹をしている澤口隆志さんには、大変お世話…

帝国主義=グローバリズムと一体化したキリスト教の超克

kanai.hatenablog.jp kanai.hatenablog.jp この30年ほど、長い長い旅をしてきた。自分なりにいろいろなことを考えて、いろいろなことに挑戦してきた。それらはバラバラだと思っていたけれど、最近ようやく、すべてが一つにつながって見えてきた。「帝国主義…

右も左もわからぬ人に対するお節介な助言

1.右翼と左翼 地球は丸い。 右に直進する人と、真逆に左に直進する人は、反対側で再び出会うことができる。これを政治になぞらえるなら、極右も極左も全体主義という性格において共通している。 右翼とは保守派、自由主義であり、極右は国粋主義、復古主義…

有志連合 対「イスラム国」この戦いの意味は何か?

いま欧州や中東、アフリカなどで起こっている問題を「キリスト教 対 イスラム教」という構図で見るべきではありません。そして、そのようなプロパガンダに乗せられて、その構図を現実化してはいけません。人々の宗教心を利用して戦いへと扇動する政治指導者…

我々日本人は何ができるか? 何をすべきか?

<a href="http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/isil_b_6591406.html?fb_action_ids=771427009560393&amp;amp;fb_action_types=og.likes" data-mce-href="http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/isil_b_6591406.html?fb_action_ids=771427009560393&amp;amp;fb_action_types=og.likes">後藤さん殺害事件を受け、「あ…</a>

「イスラム国」に拘束されている後藤健二さんの解放を求める!

&amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;a href="https://secure.avaaz.org/jp/petition/petition_54c8be966f5ed/?sbPKXib" data-mce-href="https://secure.avaaz.org/jp/petition/petition_54c8be966f5ed/?sbPKXib"&amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;FREE KENJI&amp;amp;am…

今、日本の政治を考える(1)

1.政治という作業政治や行政というものは、日々緊迫した問題が次々に発生する国際社会と国内社会の現実に向き合って、様々なファクターを考慮し計算し連絡・調整・協議を重ねて決断を下し、問題を処理していく仕事です。白か黒か、賛成か反対か、正か誤か…

事実・真実・歴史とは

1.「事実」を捏造する者たち来年8月に私たちは、アジア太平洋戦争の終戦から70年という大きな節目を迎えます。しかし、従軍慰安婦問題に代表されるように、未だに戦後処理の問題で日韓関係や日中関係が大きく揺れています。 http://ja.wikipedia.org/wiki…

ネットにおける市民レベルでの言論活動が持つ可能性について

ここ数年、中国の著しい軍拡・尖閣諸島の問題、北朝鮮の核ミサイル開発・日本人拉致問題、竹島問題や従軍慰安婦問題に代表される日韓関係の悪化、北方領土におけるロシアの実効支配と軍事演習、米軍の普天間基地移設問題など、日本の国防・外交に関わる問題…

TPP交渉参加について--世界の変化と日本の政治・経済

1.アメリカのねらい今日から日本もTPP(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement 環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉に参加します。 「TPPでアメリカが標的としているのは、日本の市場である」という指摘を、よく見聞きします。TPP交渉参…

沖縄!!

1.繰り返される、米兵による沖縄の女性に対する暴行 昨年10月に沖縄本島中部で女性を暴行してけがを負わせたとして、集団強姦致傷罪などに問われた米海軍の2人の被告に対して、今日3月1日、那覇地裁は、上等水兵(24)に懲役10年(求刑同12年)、3等…

赤と緑の連合(社会主義とエコロジー)

ヨーロッパのエコロジー運動には長い歴史がありますが、「赤と緑の連合」というポリシーを掲げる人たちが昔からいます。つまり、強力な国家権力によらなければ、エコロジーは進んでいかない、というのです。ドイツでは1998年から2005年まで社会民主党と緑の…

「大転換」へ向かう日本の経済学

1.日本におけるエコロジー経済学の先駆者たち筆者が千葉大学でエコロジー経済学を専攻したのは、もう20 年余り前になる。1986年4月に起こったチェルノブイリ原発事故を契機に、その頃は日本でも反原発の巨大なうねりが生まれていた。 しかし、経済学の世…

宣教師と商人と軍隊 ー 文明社会とキリスト教の関わりについて ー

生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。(創世記1:28) 土地は、あなたのゆえにのろわれてしまった。あなたは、一生、苦しんで食を得なければならない。(同3:17) フクシマの原発事故以降、日本…

エコロジー革命のすすめ 01 リベンジ

1.リベンジ 2011・3・11。福島第一原発事故。あの日から我々日本人は、再び原子力発電の問題を切実に考えるようになりました。「再び」というのは、チェルノブイリ原発事故(1986年4月26日)の後にも、「反原発」の運動や議論が盛んになされたからです。 …

エコノミーとエコロジー ー脱原発の経済社会システム構築に向かってー

大飯原発の再稼働が始まり、脱原発を訴える市民のデモが、東京を中心として盛んになりました。しかし、「それだけでは強大な政治権力を動かすことができないのではないか、かつての安保闘争やチェルノブイリ後の反原発運動のように、この運動もしぼんでいく…

フィリピン・ネグロス島の話 01

20年ほど前に、筆者がフィリピンのネグロス島で、神父や農業労働者、子どもなどから聞いた話を総合して、紹介します。(簡単・大雑把ですが)。 ☆ ☆ ☆ スペインから来た侵略者と彼らに結託した地元の有力者たちによって、農地が独占され、農民は土地無し日雇…