カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

軍事・安全保障

沖縄で悲劇を繰り返さなさいために

今、NHKオンデマンドで「ドキュメント沖縄戦」が無料で公開されています。 www.nhk.or.jp ■ドキュメント沖縄戦 戦後70年にあたってNHK沖縄放送局が制作した、沖縄の地上戦の実態を克明に描き戦争とは何かを見つめ直したシリーズ。沖縄国際大学名誉教授…

中国の世紀?

中国の空母艦隊、高画質の訓練写真が公開_新華網日本語 news.tv-asahi.co.jp 「いと高きところでは、神に栄光があるように地の上では、み心にかなう人々に平和があるように」(ルカ2:14) 中国初の空母「遼寧」を中心とする艦隊が12月23日から24日まで、黄海…

今、尖閣諸島周辺で起こっていること

リオデジャネイロでオリンピックが始まり、世界中の注目がブラジルに集まっているこの一週間に、日本の辺境に位置する尖閣諸島の周辺では重大な事件が続いて起こりました。 平成28年8月5日午後1時30分頃、中国漁船に続いて、中国公船(中国政府に所属する…

政治力学のベクトルを見極める

ここ数年、どうも腑に落ちない、おかしな動きが日本のキリスト教社会に起こっています。教団や宣教団体の名において、左翼的に偏った反体制の政治運動を行うケースが、非常に多くなっているのです。 一例として、日本バプテスト連盟理事会が出した文書を分…

この会はどこへ行くのか

「特定秘密保護法に反対する牧師の会」という団体があります。筆者は加入していません。この会が近々、『緊急セミナー』という集会を開催するそうです。「この国はどこへ行くのか 日本と宗教ナショナリズムを巡って」というテーマのようです。 その会のFBペ…

沖縄に米軍基地は不要か

日米安保条約は、共産主義(マルクス・レーニン主義)勢力=ソビエト連邦・中華人民共和国・北朝鮮の拡張を防ぐことを主たる目的として1951年に制定され(旧安保条約)、1960年の改定を経て(新安保条約)、日米同盟体制が強化されてきました。 日本国とアメ…

米軍は日本から撤退する?

1.暗礁に乗り上げた普天間基地移設問題普天間基地の辺野古への移転をめぐって今、政府と翁長沖縄県知事の間に厳しい対立が生じています。今年行われた沖縄県民対象の世論調査ではことごとく、普天間基地の辺野古への移設に反対する人が賛成する人を上回っ…

福音派と共産党の共闘?(3)

日本では国家機密が守れない。だから、米国から日本に重要な情報を送ることはできない。そのために、日米の防衛協力に重大な支障が生じている。だから、日本は秘密保護法を作らなければいけないーー。特定秘密保護法ができたのは、そのような事情があったか…

安保法制成立、これから…

戦争が無ければ「平和」と言えるのでしょうか。必ずしもそうとは言えないように思います。すべての人の人権が法的に保護されて、人間としての尊厳が守られ、誰もが自由に生きられる状態が真の平和であって、それらが侵害されているならば、平和な社会とは言…

平和を造るために

今、中国政府がキリスト教会を激しく迫害しています。もし中国が台湾や韓国を支配したら、その地のキリスト者も自由に活動ができなくなるでしょう。http://t.co/hcsxRsolNN #yjnewsbiz9月19日に国会で安全保障関連法が成立して、わが国は集団的自衛権の限定…

福音派と共産党の共闘?(2)

政府与党が推進する平和安全法制=安全保障関連法案に反対するために、日本共産党を含めて野党は共闘を続けてきました。そして、この安保法制が可決・成立したことを機に、日本共産党は他の野党と選挙でも全面的に協力すると、発表しました。安保法制反対運…

安保闘争リベンジ?

近ごろ恐ろしいなと思うのは、安保法案に反対することが絶対に正しいかのように、思い込んでいたり、あるいはそう感じさせるような発言をする人がいる、ということです。政治に、絶対的に正しい判断などあるのでしょうか? 平和安全法制等の整備について1960…

戦後政治史を読み解く

1990年代に米ソ対立の東西冷戦構造が崩壊してから、日本の政党・政治家はアイデンティティーが曖昧になって、離合集散を繰り返し、フラフラと迷走を続けました。その代表格が民主党のオーナー鳩山由紀夫元首相(在任期間2009年9月16日~2010年6月8日)です。…

日米安保=日米同盟は要る? 要らない?

「戦争は嫌だ。平和を保ちたい」。その思いは、ほとんどの人が共有しているでしょう。しかし、どうしたらそれが可能か、という方法論には、いろいろな違いがあります。思いっきり単純化すると、こんな感じでしょうか。(A)日米安保条約があって、米軍が駐留…

多元化し流動化するこの世界で

1.朝鮮戦争再開の危機とロシアの北方領土固定化朝鮮戦争再開の危機は、北朝鮮と韓国の協議によって食い止められました。中国をはじめ諸外国がかけたブレーキも効いたようです。 今回、日本海と黄海にある北朝鮮軍の潜水艦基地から出た潜水艦は普段の10倍…

朝鮮戦争の再開を止められるか

今、北朝鮮と韓国の緊張が高まり、朝鮮戦争が再開される危険性が高まっています。事の経緯を簡単にまとめると、以下のようになるでしょうか。10年以上前になるが、韓国は、南北軍事境界線付近に設置した拡声器を通じて、自由主義社会の情報を北朝鮮の軍人や…

戦争と平和をめぐる諸問題について

第6回日本伝道会議 神戸アナロギア社会委員会 研究発表「戦争と平和をめぐる諸問題について」レジュメ 金井 望(日本イエス・キリスト教団神戸大石教会 牧師) 日時 2015年7月21日(火)午後4時から 場所 活けるキリスト一麦西宮教会 【はじめに】 今回は…

安保法案が衆院本会議で可決!

集団的自衛権の限定的な行使を可能にすることや自衛隊の活動範囲を拡大することなどを含む安全保障関連法案が17日午後、自民党・公明党・次世代の党などの賛成により可決された。生活の党と山本太郎となかまたちは衆院本会議を欠席し、民主党、維新の党、…

資源・エネルギー問題と日本の安全保障

資源・エネルギー問題は、日本の政治・経済・安全保障の根本問題である。今年は戦後70年の節目の年であり、様々な方面から先の大戦についての検証が為されているが、米国による対日石油禁輸措置(1941年)が持っていた意味も当然考慮されるだろう。当時わ…

帝国主義=グローバリズムと一体化したキリスト教の超克

kanai.hatenablog.jp kanai.hatenablog.jp この30年ほど、長い長い旅をしてきた。自分なりにいろいろなことを考えて、いろいろなことに挑戦してきた。それらはバラバラだと思っていたけれど、最近ようやく、すべてが一つにつながって見えてきた。「帝国主義…

有志連合 対「イスラム国」この戦いの意味は何か?

いま欧州や中東、アフリカなどで起こっている問題を「キリスト教 対 イスラム教」という構図で見るべきではありません。そして、そのようなプロパガンダに乗せられて、その構図を現実化してはいけません。人々の宗教心を利用して戦いへと扇動する政治指導者…

「イスラム国」による日本人人質殺害事件の経緯

「イスラム国」による日本人人質殺害事件について、事実関係を簡単に追ってみます。 湯川遥菜氏は2014年4月下旬に、シリアに一回目の潜入を行いました。すでに外務省からシリアへの渡航禁止令が出ていました。湯川遙菜氏はすぐに自由シリア軍に拘束されまし…

我々日本人は何ができるか? 何をすべきか?

<a href="http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/isil_b_6591406.html?fb_action_ids=771427009560393&amp;amp;fb_action_types=og.likes" data-mce-href="http://www.huffingtonpost.jp/hiroaki-mizushima/isil_b_6591406.html?fb_action_ids=771427009560393&amp;amp;fb_action_types=og.likes">後藤さん殺害事件を受け、「あ…</a>

嗚呼、後藤健二さんが殺害された!

<a href="http://www.asahi.com/articles/ASH1T5RC5H1TUHBI01G.html" data-mce-href="http://www.asahi.com/articles/ASH1T5RC5H1TUHBI01G.html">後藤健二さん殺害か 「イスラム国」が新たな動画:朝日新聞デジタル</a> 後藤健二さん殺害か 「イスラム国」が新たな動画:朝日新聞デジタル ◆◆「イスラム国」のメッセージ◆◆日本政府よ。 邪悪な有志連合を構成する愚かな同盟諸国のように、お前たちはまだ、我々…

「イスラム国」に拘束されている後藤健二さんの解放を求める!

&amp;amp;amp;amp;amp;amp;lt;a href="https://secure.avaaz.org/jp/petition/petition_54c8be966f5ed/?sbPKXib" data-mce-href="https://secure.avaaz.org/jp/petition/petition_54c8be966f5ed/?sbPKXib"&amp;amp;amp;amp;amp;amp;gt;FREE KENJI&amp;amp;am…

中国宣教略史(1)

前回は、西欧、アフリカ、南北アメリカの視点から帝国主義とキリスト教宣教の歴史的問題について考察した。今回は、中国におけるキリスト教宣教の歴史を簡単にたどり、欧米の帝国主義が中国宣教に及ぼした影響について考察してみたい。 1.景教の流行と消滅…

今、日本の政治を考える(1)

1.政治という作業政治や行政というものは、日々緊迫した問題が次々に発生する国際社会と国内社会の現実に向き合って、様々なファクターを考慮し計算し連絡・調整・協議を重ねて決断を下し、問題を処理していく仕事です。白か黒か、賛成か反対か、正か誤か…

ネットにおける市民レベルでの言論活動が持つ可能性について

ここ数年、中国の著しい軍拡・尖閣諸島の問題、北朝鮮の核ミサイル開発・日本人拉致問題、竹島問題や従軍慰安婦問題に代表される日韓関係の悪化、北方領土におけるロシアの実効支配と軍事演習、米軍の普天間基地移設問題など、日本の国防・外交に関わる問題…

集団的自衛権の行使容認について(3)

1.何に反対しているのか?7月1日に集団的自衛権の行使容認が閣議決定されたことについて、多数の批判の声があがっています。しかしその中には、集団的自衛権の行使そのものに反対する人もいれば、国会や国民レベルでの話し合いと理解が不十分なまま閣議…

大東亜戦争のコンテクストを考える

朝日新聞は8月5日付と6日付の紙面で「慰安婦問題を考える」という大特集を組みました。そして、1982年9月2日以来16回も同紙で取り上げてきた「韓国・済州島で、女性たちを慰安婦とするために強制連行した」という吉田清治氏の証言を、虚偽と認め、記事…