カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

「平安があるように」ヨハネ20:19~23

【金言】平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします。(ヨハネ20:21)

 

1. キリストによる平安

 

 イエス・キリストが復活された日曜日の夕方、弟子たちは家に隠れていた。ユダヤ人たちによって自分たちも捕らえられ、殺されるのではないか、と恐れていたのである。

 

 家の戸はみな閉められていたのに、そこに主イエスが来られた。イエスは彼らに言われた、

 

「平安があなたがたにあるように」。

 

 これはユダヤ人の日常的なあいさつの言葉「シャローム」だろう。まさに、復活された主イエスの顕現が、弟子たちの心から恐れを取り除き、平安をもたらしたのである。

  

2. キリストによる喜び

 

 イエスはその手と脇腹を彼らにお見せになった。そこには十字架の釘の跡があり、槍の傷跡がある。確かにイエスである。キリスト教の救いは思想・観念ではない。肉体の復活という現実である。

 

 弟子たちは主を見て喜んだ。主イエスは今も生きておられ、聖書の御言葉によって御自身を私たちの内に啓示してくださる(30-31)。生ける主イエスに出会った喜び、これが福音である。

 

3. キリストによる救い

 

 イエスは彼らに言われた、

 

「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします」。

 

聖霊を受けなさい」。

 

 主イエスは聖霊によって弟子たちに力を与え、平安を与えてくださった。福音宣教は主のみわざである。その目的は、キリストを信じる人々に罪の赦しと永遠の命を与えることである。

 

 教会には「天国の鍵」が与えられている。私たちも、この特権と使命の尊さを自覚して、福音宣教を続けよう!