カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

「語り続けよ」使徒の働き18章1~11節

【金言】
恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。

わたしがあなたとともにいるのだ。  (使徒18:9~10)

 

1.同労者と共に

 

パウロはアテネを去ってコリントに行った(50年秋)。この町は交通の要衝として栄え、アカイア州の首都であったが、偶像崇拝が盛んで、性的に退廃していた。

 

この町でパウロはアクラ・プリスキラ夫婦に出会った。彼らはパウロと同業者=テントメーカーであり、熱心な信徒伝道者であった。この夫婦がこの後、パウロの同労者となって、すばらしい働きをする。

 

さらに、マケドニヤからシラスとテモテも駆けつけた。ピリピ教会の経済的支援によって、パウロは伝道に専念できるようになった(ピリピ1:5, 2:25, 4:14-16)。

 

2.救われた人たちと共に

 

コリントでも、ユダヤ人がパウロの働きを妨害した。しかし、会堂管理者クリスポをはじめ、多くの人々が、イエスをキリストと信じて、救われた。

 

3.語り続けよ

 

ある夜、主はパウロに幻の中で語られた。

 

「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから」。

 

パウロと教会の信徒は、ユダヤ人の迫害に屈することなく、この町で伝道を続けた。

 

私たちも共にキリストの福音を語り続けよう!