読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

不当な苦しみを受けた時に

【聖書】

 もしだれかが、不当な苦しみを受けても、神を仰いでその苦痛を耐え忍ぶなら、それはよみせられることである。

悪いことをして打ちたたかれ、それを忍んだとしても、なんの手柄になるのか。

しかし、善を行って苦しみを受け、しかもそれを耐え忍んでいるとすれば、これこそ神によみせられることである。

あなたがたは、実に、そうするようにと召されたのである。

キリストも、あなたがたのために苦しみを受け、御足の跡を踏み従うようにと、模範を残されたのである。

キリストは罪を犯さず、その口には偽りがなかった。

ののしられても、ののしりかえさず、苦しめられても、おびやかすことをせず、正しいさばきをするかたに、いっさいをゆだねておられた。

さらに、わたしたちが罪に死に、義に生きるために、十字架にかかって、わたしたちの罪をご自分の身に負われた。

その傷によって、あなたがたは、いやされたのである。

(第一ペテロ2:19〜24)

 

キリストは、その肉の生活の時には、激しい叫びと涙とをもって、ご自分を死から救う力のあるかたに、祈りと願いとをささげ、そして、その深い信仰のゆえに聞きいれられたのである。

彼は御子であられたにもかかわらず、さまざまの苦しみによって従順を学び、そして、全き者とされたので、彼に従順であるすべての人に対して、永遠の救の源となり、神によって、メルキゼデクに等しい大祭司と、となえられたのである。

(ヘブル5:7〜10)

 

だれに対しても悪をもって悪に報いずすべての人に対して善を図りなさい。

あなたがたは、できる限りすべての人と平和に過ごしなさい。

愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。

むしろ、「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである」。

悪に負けてはいけない。かえって、善をもって悪に勝ちなさい。

(ローマ12:17〜21)

 

「復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」

「主はその民をさばかれる」

と言われたかたを、わたしたちは知っている。

生ける神のみ手のうちに落ちるのは、恐ろしいことである。

(ヘブル10:30〜31)

  

**********

 

【霊想】

 

悪がそのまま放置されてよいということではありません。

けれども、人間の裁きには限界があります。正しい者が勝つとは限りません。誤審も珍しくありません。様々な事情で、公に裁くことができない場合も、ままあります。

ですから、一番良いのは、神にゆだねることです。

真実を知っていて、自分の傷、痛み、苦しみ、悲しみ、怒り、うらみ、憎しみ、悔しさ、不信感、無力感、失望、涙を、全部、理解できるのは、父なる神様、イエス様、聖霊様だけです。

この世で加害の責任をあいまいにして、被害者への謝罪を怠る者に対しては、神が怒り、ご自身の義を明らかに示されるでしょう。

不当な攻撃を受けて、傷つき、痛み、怒りに苦しむ人が、早く解放されますように!

主の裁きが速やかに公に為されますように!