読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

「直葬」でいいですか?

  1.5人に1人は「直葬

超高齢社会となった今日、健康と病気が話題の中心を占めるようになり、葬式が日常的な出来事になった家族葬はすでに一般化しているが、最近は、通夜も告別式も行わず、火葬だけで済ます直葬が増えているという。

NHKが 昨年12月に行った調査によると、関東地方では葬儀全体の22.3%近畿地方でも9.1%が直葬だ。

(参照)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130327/k10013473001000.html

 

僧侶を呼ばないケースも増えている。日頃、お寺との付き合いが無いのに、突然、「戒名料格付けによって20万円から200万円まで違いがある」だなんて聞いたら、驚いて他の手を考えるのも無理はない。

 

直葬が増えているのは、高額な費用負担人間関係の希薄化葬儀に関する意識の変化が要因と思われる。

 

  2.なぜ葬儀をするのか

 

そもそも、人はなぜ葬儀をするのか? なぜ戒名読経仏壇、法事などがあるのか? 明確に答えを持っている人は少ないだろう。僧侶を呼んで仏式で葬儀をする場合でも、「親がそうしていたから」「親戚の手前」「世間並みに」といった、主体性の無い理由が多数派ではないか。

 

有史以前から、葬りをすることがヒトの特徴であった。人は、人の死に際して、死体を処理するということだけでは済まされない、何かを感じているのだ。

 

聖書によれば、人はみな、創造主なる神に似せて造られ、神の栄光を表す尊い存在だ。土から造られた肉体は、死によって土に帰るが、霊魂は残り、人格的な同一性は保たれていく、と聖書は教えている。


それゆえ、聖書を基とするキリスト教では、死んだ人の尊厳を重んじて死体を丁重に扱い、故人に敬意を表して献花(飾花)をし、しばしの別れを告げる。その裏付けとなるのは創造主なる神の存在であり、キリスト教の葬儀は、創造主なる神への礼拝として執り行われる。

 

 

  3.キリスト教式葬儀の勧め

 

葬儀にはもう一つ、遺族や故人と親しかった人たちに対するグリーフケアという意味もある。キリスト教には、永遠の命、天国、復活の信仰があるので、遺族や故人と親しい人たちのために、確かな望みをもって慰めを祈ることができる。

 

では、キリスト教の葬儀は、信者のためだけで、信者以外にはしないのか? いや、そんなことはない。人はみな、神に似せて造られ、神の栄光を表す尊い存在なのだから、牧師は、信者でない方々のためにも、丁寧に葬りをして差し上げるのが良いだろう。キリスト教公共的な役割を担ってきたし、担うべきだ。

 

ただし、葬儀の目的が教会への勧誘であってはならない。それは不誠実な行為であり、かえって人をつまずかせてしまう。真心を込めて葬儀をしたら、それが結果として、良い伝道になっていた、というのが望ましいあり方ではないか。どちらかと言えば、伝道というよりプレ伝道だ。

徳川幕府によって日本人はみな檀家とされ、寺院に縛り付けられた。その縛りは今ではだいぶ緩くなっているが、それでもまだ葬式という縄目から逃れるのは、容易ではない。それだけに、キリスト教式の葬儀を行うことの意義は大きい。

 

今や日本でも、結婚式7割キリスト教キリスト教風?)となっている。案外、葬式キリスト教を希望する人が、多いかもしれない。その選択肢があれば、の話だが。聴いても意味がわからないおよりも、聖書讃美歌の方が意味もわかるし、慰め希望があって、断然良いはずだ。費用も、仏式よりキリスト教式の方が、はるかに安価だ。

 

これからは、キリスト教系の葬儀社にも尽力してもらって、「ブライダル牧師」のように「葬式牧師」も一般化したら良いだろう。 直葬をする場合でも、せめて焼く前に、牧師が祈って、お送りしたいものだ。

 

byh.jp

www.life-works.co.jp

エンディングライフサポート