読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

【ブックガイド】竹下節子著『キリスト教の真実』

ブックガイド イエス キリスト キリスト教史 キリスト教思想史 プロテスタント ローマ・カトリック教会 哲学 宗教学 推薦書 文明史・文明論 歴史 神学 西洋思想史 読書

【ブックガイド】
  キリスト教の真実―西洋近代をもたらした宗教思想 (ちくま新書)

キリスト教の真実―西洋近代をもたらした宗教思想 (ちくま新書)

 

いい加減な内容のキリスト教批判本はたくさんありますが、この竹下節子の本は学問的な批判に耐えうる、しっかりとした内容であり主張であると思います。
カトリック史とエゾテリズム(秘教)史の研究者ですから、そちらの視点からの見方ではありますが、だからこそ、正統的キリスト教を自認する人たちに、一読をおすすめします。

 

宗教、とりわけ一神教、とりわけキリスト教、とりわけプロテスタント、とりわけ正統主義、とりわけ福音主義、とりわけ根本主義は、そもそも「独善的」な性格を持っています。
「自分たちこそ正しい教えを保持し、唯一の救いの道を保持しており、他は間違っている」。
そのように理解しているからこそ、宣教や教育に熱心になるのでしょう。

 

ヨハネによる福音書において、イエス・キリストはこう言っています。
わたしが道であり、真理であり、いのちです。わたしを通らなければ、誰も父のもとに行くことはできません」(14:6)

 

多元主義相対主義が支配的な世にあっても、福音主義キリスト者は堂々と、この唯一の救いの道を信じ、告白し、伝えたら良いでしょう。
ただし、この世の基準ではそれが「独善的」な言動であることを自覚している必要があります。
なぜなら、この世には「他」にも「独善的」な宗教者や無宗教者がいるため、その自覚が無ければ、衝突を繰り返すばかりだからです。

 

自らの信じる神に対する絶対的な確信を保持しつつ、他の宗教者や無宗教者の尊厳を認めて、互いに受け入れ合い、共に平和の実現をめざす。
これが今日必要とされるキリスト者のあり方ではないでしょうか。

 

現代のキリスト教普遍性を持ちうるものでしょうか?
この本の著者は重要な問題提起をしています!