読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

日米安保=日米同盟は要る? 要らない?

主張! 論説 政治 アメリカ 外交・国際関係 平和 憲法 戦争 日本 社会倫理 軍事・安全保障

戦争は嫌だ平和を保ちたい」。その思いは、ほとんどの人が共有しているでしょう。しかし、どうしたらそれが可能か、という方法論には、いろいろな違いがあります。思いっきり単純化すると、こんな感じでしょうか。

(A)日米安保条約があって、米軍が駐留しているから、戦争を抑止して、日本は平和を保つことができた。これからも、これが必要だ。日米安保条約=日米同盟がある以上、自衛隊と米軍が日米共同訓練(合同軍事演習)を行うのは当然だ。

(B)日本国憲法第9条があったから、日本は平和を保つことができたし、これからも第9条を変えないで守れば、平和を保つことができる。日米安保条約も日米共同訓練も米軍基地自衛隊も要らない。

(C)その他(                    )

私の考えは(A)です。

では、具体的に今後、どのように進むのが良いでしょうか。私の拙論を以下、述べさせていただきます。

(1)解釈改憲が限界に達しているのは明らかです。だから政府与党は、この安保法案を廃案にして、憲法第9条憲法改正自民党憲法改正草案と同じではありません!)と修正した安保法案(日本周辺の専守防衛に限定と明記する)を国民に提示した上で、来年夏の参議院選挙で国民の信を問うのが、ベストでしょう。

(2)憲法第9条に「自衛隊専守防衛国連平和維持活動」を明記して、将来にわたって日本は米軍に追随して世界各地で参戦することは無い、と国民と世界に明示すべきです。

(3)しかし、「憲法第9条を一言一句変えてはならない」という意見が強くて、憲法改正案も安保法案も否決されたら、どうなるでしょうか? 日本と東アジアの安定は崩壊する、と私は推測します。

(4)また、来年夏の参議院選挙までに、現行の法制では対処できない国防の危機が生じたら、どうなるでしょうか? 私は、その危険性は多分にある、と理解しています。


朝鮮半島有事にも自衛隊は派兵できないだろう」

http://www.sankei.com/smp/politics/news/150824/plt1508240033-s.html


「台湾有事」

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%9C%89%E4%BA%8B


「反分裂国家法」

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E5%88%86%E8%A3%82%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E6%B3%95


「反分裂国家法」条文

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/www12/t187198.htm


第一列島線

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%88%97%E5%B3%B6%E7%B7%9A


「中国の軍事パレードは台湾への威嚇」

http://bylines.news.yahoo.co.jp/endohomare/20150813-00048450/


(5)よって、政府与党の進め方が強引であるにせよ、「平和安全法制」「安保法案」の必要性は認められる、と思います。ただし、政府の安保法案をそのまま可決すると、「自衛隊が米軍に追随して世界各地に出て行き、参戦する」と危惧する国民がいます。よって、安保法案には、そのようなことができないよう「歯止め」を入れる修正が必要でしょう。

(6)この国会で(修正した?)安保法案を可決するとしても、政府与党は、正々堂々と憲法第9条の改正案を国民に提示し、国会と国民投票に諮るべきです。

ただし、これは決して、日本国憲法の「平和主義」を捨てることを意味していません。憲法第9条に「自衛隊専守防衛国連平和維持活動」を明記しないで解釈改憲をする方が、シビリアンコントロールの面から言っても、非常に危険です。国際社会でも日本に対する不信感が生じるのです。

===【日本国憲法 第9条】(現行)===
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
====================