カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

結婚式 式次第・式文(記録)

f:id:nozomu-kanai:20171204212640j:plain

結 婚 式 次 第

 

前  奏  黙  祷               奏 楽 者

新婦入場                     一同起立

讃  美  新聖歌233番「驚くばかりの」    一同起立

式  辞                     司 式 者

祈  祷                     司 式 者

聖書朗読  エペソ人への手紙5章22~33節   司 式 者

誓  約                     新郎新婦

指輪交換                     新郎新婦

宣  言                     司 式 者

祈  祷                     司 式 者

説  教  「結婚の奥義」            司 式 者

祈  祷                     司 式 者

讃  美  新聖歌503番「愛の御神よ」     一同起立

頌  栄  新聖歌 63番「父 御子 御霊の」    一同起立

祝  祷                     司 式 者

後  奏  黙  祷               奏 楽 者

新郎新婦退場                   一同起立

 

 

==============
結婚式 式文 

原著 『式文』(3版)日本イエス・キリスト教団(2004年)

編著 金井 望(2017年)

==============

 

開式の辞 ただいまから○○○○兄弟と□□□□姉妹の結婚式を執り行います。前奏のうちに黙祷をして、主のご臨在を待ち望みましょう。

前奏 新婦入場 一同ご起立いただきまして、花嫁をお迎えください。

 (花嫁と父親が入場する。花婿が花嫁を迎え、二人が並んで立つ)

讃美 ご起立のまま、新聖歌二三三番「驚くばかりの」を歌って、神を讃美しましょう。

(会衆讃美)

会衆の皆様はご着席ください。

式辞 式辞を述べます。

 私たちは神と会衆の前で、この兄弟と姉妹に夫婦の神聖なちぎりを結ばせるためにこの所に集まっております。結婚は、人類創造の初めから神が定められたことであり、キリストとその体である教会との間に存在する奥義を示すものであります。キリストはガリラヤのカナにおいて結婚式にのぞまれ、最初の奇跡を行って、これを祝福されました。使徒たちもまた、すべての人が結婚を尊ぶように、と教えています。ですから、結婚は、みだりに軽々しくなすべきではなく、神をおそれ、慎みとへりくだりをもって行うべきであります。 

祈祷 祈祷をささげます。会衆の皆様は黙祷の姿勢をおとりください。

 いつくしみ深き父なる御神。今この兄弟と姉妹とは、御心にしたがって結婚しようとしています。私たちはこのことがあなたの深い御旨から出ていることを信じ、ふたりのために豊かな祝福を切にお祈りいたします。今日までふたりを導かれた主が、この式を御心にかなうものとしてきよめ、ここにあなたの栄光をあらわしてください。また、ここに集うすべての方々を、天からの恵みと喜びにあずからせてください。主イエス・キリストの御名によってお願いいたします。アーメン。 

聖書朗読 夫婦に関する聖書の教えを読みます。新約聖書エペソ人への手紙五章二二節から三三節までです。

 

 22妻たちよ。あなたがたは、主に従うように、自分の夫に従いなさい。23なぜなら、キリストは 教会のかしらであって、ご自身が そのからだの救い主であられるように、夫は妻のかしらであるからです。24教会がキリストに従うように、妻も、すべてのことにおいて、夫に従うべきです。

 25夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。26キリストがそうされたのは、みことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、27ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。28そのように、夫も自分の妻を自分のからだのように愛さなければなりません。 自分の妻を愛する者は 自分を愛しているのです。29だれも自分の身を憎んだ者はいません。かえって、これを養い育てます。それはキリストが教会をそうされたのと同じです。30私たちはキリストのからだの部分だからです。

  31「それゆえ、人はその父と母を離れ、妻と結ばれ、

  ふたりは一心同体となる。」

32この奥義は偉大です。私は、キリストと教会とをさして 言っているのです。 33それは そうとして、あなたがたも、おのおの 自分の妻を 自分と同様に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬いなさい。

 

誓約 では、おふたりに誓約をしていただきます。

 (新郎新婦は係の人にグローブとブーケを預ける。新郎は新婦のベールをあげる)。

司式者 ○○○○兄弟。あなたは□□□□姉妹を妻とし、神の定めに従って夫婦の神聖なちぎりを結ぼうとしています。あなたはこの人を愛し、この人を慰め、この人を敬い、健やかな時も病める時もこの人を守り、その命の限り他のものによらないで、この人に添うことを願いますか。

新郎 願います。

司式者 □□□□姉妹。あなたは○○○○兄弟を夫とし、神の定めに従って夫婦の神聖なちぎりを結ぼうとしています。あなたはこの人を愛し、この人に従い、この人に仕え、この人を敬い、健やかな時も病める時もこの人を守り、その命の限り、他のものによらないで、この人に添うことを願いますか。

新婦 願います。 (新郎の右手を上にして、ふたりの手を合わせる)

新郎 私は神の御心に従って、あなたを妻とします。今からのち、幸いな時も悩みの時も、富める時も貧しい時も、健やかな時も病める時も、あなたを愛し、あなたを守り、命の限りあなたを保ちます。今これを誓約します。

新婦 私は神の御心に従って、あなたを夫とします。今からのち、幸いな時も悩みの時も、富める時も貧しい時も、健やかな時も病める時も、あなたを愛し、あなたに従い、命の限りあなたを保ちます。今これを誓約します。

指輪交換 誓約のしるしとして指輪の交換をします。

新郎 (新郎は司式者から指輪を受けて、新婦の左手のくすり指にはめる)。父と子と聖霊のみ名により、私はこの指輪をもって、あなたを妻とし、あなたへの愛を誓うしるしとします。アーメン。

新婦 (新婦は司式者から指輪を受けて、新郎の左手のくすり指にはめる)。父と子と聖霊のみ名により、私はこの指輪をもって、あなたを夫とし、あなたへの愛を誓うしるしとします。アーメン。

宣言 ○○○○兄弟と□□□□姉妹は今、神と会衆の前で夫婦の誓約をしました。ですから、私は、父と子と聖霊の御名によって、この兄弟と姉妹が夫婦であることを宣言します。

(ふたりの手を合わせ、その上に司式者の手をおく)

「神が合わせられたものを、人は離してはなりません」。アーメン。

祈祷 永遠にして命の源である御神。今この兄弟と姉妹が神と会衆の前で夫婦の誓約をしたことを、感謝いたします。どうかこの誓約を常に誠実に守らせ、御言葉に従って神の恵みに応える者としてください。ふたりの者が一つとなって今から築いていく新しい家庭を祝福してください。すべての霊の祝福をもってこの新しい家庭を満たし、この世においてはむつまじく共に住み、来たる世においては永遠の命に共にあずかる者としてくださいますように。アーメン。

(新郎新婦は着席する)

説教 ○○さん□□さん、ご結婚おめでとうございます。○○家の皆様、□□家の皆様、おめでとうございます。  この結婚式に向けて、○○さんと□□さんと私はご一緒に、結婚について学ぶ時を三回ほど持ちました。おふたりですでに『結婚を考えている二人のために』というテキストブックを読んでおられましたので、学びは大変スムーズに進みました。今日はそのまとめとして、「結婚の奥義」についてお話をさせていただきます。

 

祈祷 お祈りをします。黙祷の姿勢をおとりください。

讃美 ご起立いただきまして、新聖歌五〇三番「愛の御神よ」を歌い、主を讃美しましょう。

頌栄 ご起立のままで新聖歌六三番「父・御子・御霊の」を歌い、神に栄光を帰しましょう。

祝祷 祝福の祈りをします。黙祷の姿勢をおとりください。

 主イエス・キリストの恵み、父なる神の愛、聖霊の親しき交わりが、夫婦となったふたりの上に、また、会衆一同の上に、今も後もとこしえまで豊かにありますように。アーメン。

後奏・新郎新婦退場 新郎新婦が退場します。ご起立いただき、祝福の拍手をお願いいたします。

閉式の辞 これにて、○○○○兄弟と□□□□姉妹の結婚式を閉じさせていただきます。続いて写真撮影を行います。係からアナウンスがありますので、ご協力ください。

(終)