カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

神殿の納入金

f:id:nozomu-kanai:20180306002901j:plain

2018年3月4日 主日礼拝説教
************************
【聖書朗読】マタイの福音書17章24〜27節

マタイ 17.1-27

【説教題】「神殿の納入金」金井 望 牧師

【中心聖句】

しかし、彼らにつまずきを与えないために、湖に行って釣りをして、最初に釣れた魚を取りなさい。その口をあけるとスタテル一枚が見つかるから、それを取って、わたしとあなたとの分として納めなさい。(マタイ17:27)

************************


2018年3月4日礼拝説教

【説教要旨】

  1. 神殿の納入金

 主イエスと弟子たちは、北方と東方の伝道旅行を終えて、カペナウムに戻った。一行はペテロの家に滞在したと思われる(8:14-15)。

 すると神殿税の取税人が来て、ペテロに尋ねた。

あなたがたの先生は、神殿税2ドラクマを納めないのですか」。

 神殿税は出エジプト30:11-16に起源があり、神殿の修築費や供え物の費用を賄う税金である。20歳以上のユダヤ人男性は1年に半シェケル=2ドラクマ(2日分の労賃にあたる)を過越祭の時にエルサレムで納めるか、あるいは別の地で1か月前に納めなければならなかった。シェケルはアンテオケで鋳造された11.4gの銀貨であり、ドラクマフェニキアの銀貨で3.6gであった。

 イエスと弟子たちは伝道旅行をしていたために、納税の時機を逃したのだろう。

  2. 納税の義務

 ペテロは

納めます

と言って家に入った。

 するとイエスは言われた。

シモン。どう思いますか。地上の王たちは誰から関税や人頭税を取り立てますか。自分の息子たちからですか、他の人たちからですか」。

 ペテロは答えた。

 「他の人たちからです」。

 するとイエスは言われた。

 「では息子たちにはその義務がありません」。

エスは神の子であるご自分が神殿に納税することの矛盾を説かれたのである。

  3. つまずきを与えない配慮

 主イエスは神殿を「強盗の巣」(21:12-13)と非難しておられる。しかし、ここでは彼らにつまずきを与えないためにペテロに、魚の口に発見されるスタテル銀貨(シェケルと同価値。14.3-14.9グラム)を取って、納税するよう指示した。当時は半シェケル貨幣が無かったため、二人でスタテル銀貨を納める習慣があった。

 主イエスはこの世の慣習やルールも尊重しておられる。自分に義務がないことであっても、他の人をつかずかせないように配慮して行動することが、大切である。

 ただ、あなたがたのこの権利が、弱い人たちのつまずきとならないように、気をつけなさい。 知識のあるあなたが偶像の宮で食事をしているのをだれかが見たら、それによって力を得て、その人の良心は弱いのに、偶像の神にささげた肉を食べるようなことにならないでしょうか。その弱い人は、あなたの知識によって、滅びることになるのです。キリストはその兄弟のためにも死んでくださったのです。

 あなたがたはこのように兄弟たちに対して罪を犯し、彼らの弱い良心を踏みにじるとき、キリストに対して罪を犯しているのです。ですから、もし食物が私の兄弟をつまずかせるなら、私は今後いっさい肉を食べません。それは、私の兄弟につまずきを与えないためです。 

(第一コリント8:9-13)