KANAISM ーカナイズムー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

罪が赦される喜び(第一ヨハネ1:1-10)

f:id:nozomu-kanai:20190815163400j:plain

十字架上のイエス・キリスト

 

説教「罪が赦される喜び」
聖書:ヨハネの手紙一 1章1-10節

 

f:id:nozomu-kanai:20190815170132j:plain

エフェソス


ヨハネの手紙第一は、紀元80年代の後半か90年代の初め頃に、使徒ヨハネがエフェソで執筆して、小アジアの諸教会に送ったものと思われます。ヨハネは12使徒の最後の一人として、老齢になっても牧会の活動を続けていたようです。


この時代には〈偽預言者〉(4:1)がたくさん現れて、教会を混乱させていました。特に問題となっていたのは、霊魂を善とし肉体を悪とするグノーシス主義です。聖なる神の御子が悪しき肉体を持つはずがないと考えるのです。例えば次のような教えです。

 

「イエスは処女から生まれたのではなく、ヨセフとマリアから普通に生まれた人間だった。イエスバプテスマを受けた後に、キリストの霊が鳩の形で彼に降り、宣教を行った。イエスが苦しめられて死ぬ前に、キリストの霊は彼から離れ去っていた」

 

ヨハネがこの手紙を書いた目的の一つは、このような異端の誤りをただして、信徒を正しい健全な信仰に導くことでした。

 

初めからあったもの、わたしたちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て、手で触れたものを伝えます。すなわち、命の言について。――この命は現れました。御父と共にあったが、わたしたちに現れたこの永遠の命を、わたしたちは見て、あなたがたに証しし、伝えるのです。

 

神の御子イエス・キリストは、肉体を持つ一人の人間として30数年の人生を歩まれました。ヨハネはイエスと3年ほど共に宣教活動をして、直接このお方を体験しました。

 

わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。

 

聖書が伝えるイエスをキリスト(救い主)と信じる人は誰でも、父なる神と御子イエスを礼拝する交わりに加わることができます。キリスト教の本質は、神との人格的な交わりです。教会が宣教を行うのは、人々をこの交わりに招くためです。


筆者は高校1年の夏に参加したバイブル・キャンプで、このヨハネの手紙第一1章5節から10節までを読んで、真剣な悔い改めに導かれました。すでにバプテスマを受けていましたが、

 

神との交わりを持っていると言いながら、闇の中を歩むなら、それはうそをついているのであり、真理を行ってはいません。

 

この御言葉を読んだ時に、これはまさに自分のことだ、と思いました。

 

自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。

 

この約束を信じて、私は犯してきた罪を告白しました。そして、

 

御子イエスの血によってあらゆる罪から清められます。

 

という御言葉を信じました。

その時から私の心は解放されて、喜びがあふれてきました。


〈清められます〉と訳されているギリシア語は現在形になっています。英語で言うと現在進行形です。〈御子イエスの血〉は今も、いつまでも私たちを清め続けているのです。

 

https://biblehub.com/interlinear/1_john/1-7.htm

 

イエス・キリストは今も天にあって大祭司として、私たちのために父なる神にとりなしていてくださいます。私たちは日々悔い改めて、罪を赦していただき、清めていただきましょう。