KANAISM ー真っ直ぐに行こうー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

キリストを最初に礼拝した羊飼い(ルカ2:8-20)

f:id:nozomu-kanai:20191225191140j:plain


<聖書朗読> ルカによる福音書2:8~20
 8 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。9 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。10 天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。11 今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。12 あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」13 すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
 14 「いと高きところには栄光、神にあれ、
   地には平和、御心に適う人にあれ」
 15 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。16 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。19 しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

 

<説教要旨> 「キリストを最初に礼拝した羊飼い」

 

  イエス・キリストが赤子となってお生まれになった日、最初のクリスマスが何月何日であったのか、それはわかりません。クリスマスを12月25日としているのは、一年で最も日照時間が短いこの季節に行われた祭りのなごりです。けれども、この時期は、聖書が語るクリスマスのテーマに最も適合していると思います。すなわち、「暗い闇の世に生きる人々に、明るい希望を与え、いのちを与える救い主を、神が送ってくださった」というのが、クリスマスの重要な意義なのです。

 私たちが暮らす現代の社会にも闇があります。そして、人の心にも闇があります。今一度、私たちもキリストの光を仰ぎたく願います。

 

  1.主の栄光の輝き

 赤子のイエス様がマリアの胎からお生まれになったその日の夜、ひとりの天使が野原にいる羊飼いたちに現れました。すると、神である〈主の栄光〉が周りをまぶしいほど明るく照らしました。
 主の栄光はかつて、モーセが造った幕屋とソロモンが造った神殿に満ちていました(出エジプト40:34-38、歴代誌下5:13-14、7:1-3)。しかし、エズラが再建した第二神殿には、その栄光はありませんでした。ところが、イエス様がお生まれになった時、ベツレヘムの郊外で突然、主の栄光が現れたのです。しかも、その栄光を見たのは、預言者でも王でも祭司でもない、羊飼いたちです。
 この時、〈彼らは非常に恐れた〉。当然です。けれども、天使は彼らに言いました、「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる」。この少し前、祭司ザカリアも主の母マリアも、天使が現れた時に恐れを感じました。天使は彼らにも「恐れるな」と言って、喜ばしい知らせ=「福音」を伝えました(1:12-13、30)。
 恐れに支配されやすい弱い私たちを救うために、今も主は私たちのところに来てくださり、光を照らしてくださいます。

 

  2.社会から疎外された者たちに

 イエス様が誕生された頃にちょうど、ローマ〈皇帝アウグストゥス〉の勅令によって〈最初の住民登録〉が行われました。人々は皆、自分の出身地に行って、そこで登録をしなければなりません。ベツレヘムダビデ王の出身地ですから、その子孫は大勢いたでしょう。この小さな町がごった返して、ヨセフとマリアは宿屋(あるいは客間)に泊まることができず、家畜小屋(あるいは家畜部屋)で出産することになってしまいました。
 ところが、その町の喧騒をよそに、羊飼いたちは郊外の野原で〈野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた〉のです。そもそもダビデ王は少年時代にこの地方で羊飼いをしていました。だのにこの時代には、羊飼いは律法の規程を守らない穢れた人たちと見なされて、ユダヤ社会から疎外されていました。牧羊のため、羊飼いは安息日を守らない。神殿や会堂の礼拝に参加することができない。他人の土地に生えている草を、自分の羊に食べさせている。野宿しているから、家の女性たちを守ることができない――。彼らは軽蔑され、嫌われて、人の数にさえ入れられていなかったようです。
 しかし、天使はこの羊飼いたちに告げます。「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである」。神は俺たちを見捨てておられない! 俺たちのために救い主を送ってくださった! ――これは本当に喜ばしい知らせでした。
 そこにさらに〈天の大軍が加わり、神を賛美して〉言いました。
「いと高きところには栄光、神にあれ、
地には平和、御心に適う人にあれ」

 

  3.平和をもたらす福音

 天使たちが離れ去った後、羊飼いたちは、「すぐに、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と互いに語りました。〈そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当て〉ました。牛や馬などが口を突っ込み、よだれを垂らして餌を食べる飼い葉桶が、〈主メシア〉の〈しるし〉とは! 〈主〉は神の御名であり、〈メシア〉は神が特別に任命して遣わす世界の救済者です。
 〈その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせ〉ました。これまで羊飼いたちは、町の人々の交わりから疎外されていました。しかし、今や彼らは町の人々に積極的に関わっています。イエス・キリストの福音は、神と人の間に和解をもたらすばかりでなく、人と人の間にも〈平和〉をもたらします。

 

 イエス様は、神から離れて社会の周辺に漂う、心寂しい罪人の友となられました。家畜小屋に生まれて、飼い葉桶に寝ていたイエス様は、私たちの心にも宿ってくださいます。このすばらしい救い主を共に喜びましょう。

f:id:nozomu-kanai:20161227134440j:plain

  

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp 

kanai.hatenablog.jp 

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp 

kanai.hatenablog.jp