KANAISM ー真っ直ぐに行こうー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

説教とは何か

f:id:nozomu-kanai:20200311021911j:plain

使徒パウロ


1 説教の定義

説教とは、神が聖書を用いて今日の教会と社会に生きる人々に語るメッセージ の、お取り次ぎである。

 

2 礼拝の二つの中心

聖書が説く福音を福音として正しく宣べ伝え、聖書の教えに従って聖礼典を正しく行うのが、礼拝である。教会とは、真の礼拝者の集まりに他ならない。

 

3 牧師の務め

牧師の最も重要な務めは、福音の説教と聖礼典によって、人々を霊的な新生に与らせ、養い、育て、導くことである。そして、聖徒を整えて、キリストの体なる教会を建て上げ、霊的な神の王国を実現することである。教会は、その務めにふさわしい人を育てて、牧師に任命し、その務めを託さなければならない。

 

4 生ける神の語りかけ

まことに神は生きておられ、今も我々に語っておられる。説教を語る者も聴く者も、まずこの信仰が無ければならない。説教の準備において説教者は、聖書の御言葉の中に深く沈潜して、神の御心を尋ね求めなければならない。

 

5 聖書の正典性

旧新約66巻の聖書は、特定の時代に特定の人たちによって記された諸文書を集めたものであり、歴史の所産である。その記述・編集・結集・選別において神の確かな霊的導きがあった。それゆえ聖書はすべて神の言葉であり、正典、すなわち我々の信仰と生活の絶対的な基準なのである。説教者はこの確信に立って、聖書の教えるところを忠実に、会衆に説き明かさなければならない。

 

6 聖書の釈義

聖書のそれぞれのテキストにおいて、その著者が当時の直接的な読者に伝えようとしたメッセージを、読み解くことを、釈義という。説教は、釈義を基礎としなければならない。しかし、釈義を語るだけでは、説教にならない。

 

7 イエス・キリストの福音

聖書の主題・中心はイエス・キリストである。聖書の目的・目標は、人々にイエス・キリストを証しすることであり、キリストの福音によって人々が救われ、救われた新生者の集まりである教会を通して神の王国が実現することである。説教においては、聖書のすべてのテキストが、キリストの福音を原理として解釈した上で、説き明かされなければならない。説教は、単なる歴史や文学の講義ではない。

 

8 教会のわざ

説教は神のわざであり、同時に教会のわざである。教会は、説教において、人々が悔い改めてキリストを信じ、罪を赦されて新生し、さらに豊かな恵みを増し加えられて成長し、キリストの体なる教会が活きて働くものとなることを、信じて期待し、祈るべきである。

 

9 牧会のわざ

キリストの体なる教会は、特定の時間と場所に限定されるものではない。教会堂における主日の礼拝を中心としつつ、体の各部分は、週日もそれぞれの場所にあって神の召しに従い、世の人々に仕えることによって、神の王国のわざをしているのである。牧師は、聖書のメッセージを忠実に説き、かつ今日の社会のコンテクストに適用することによって、この世における聖徒たちの奉仕のわざを励まし、支え、導くのである。

 

10 聖なる恐れ

説教はどこまでも、神のメッセージの「お取り次ぎ」でなければならない。説教者は、会衆ひとりひとりへの配慮を欠いてはならないが、会衆に都合よく聖書の教えを曲げたり、水増ししたり、割り引いたりしてはならない。ましてや説教者が、聖書以外の思想信条を広めたり、信仰にそぐわない世俗の活動を勧めたりするために、説教を利用するようなことは、決してあってはならない。説教者に何よりも必要なものは、この聖なるわざに携わることに対する恐れである。

 

11 聖霊に対する信頼

聖書原典の記述を守り導いた聖霊が、今も説教において会衆に聖書の真理を明らかに示し、ひとりひとりの霊の耳に神のメッセージを語ってくださる。説教者は聖霊に信頼して、説教の務めを果たすのである。ただし、説教はいわゆる神託やお筆先ではない。説教は限りある人間の知性と感性を用いて行われるのだから、誤った情報や不適切な表現・思想が含まれる可能性は、常にある。説教の内容すべてを絶対視すべきではない。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

説教者を志す信徒の皆様は、ぜひ 金井塾 【説教塾】をご利用ください。【聖書塾】【神学塾】もあります。

出張講義の他、Skypeなどを使って、インタラクティブなネットの講義もしています。

内容・日時・回数は、それぞれのご事情に合わせて調整できます。

 kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp 

ichikawakita.life.coocan.jp

説教論

説教論

  • 作者:加藤 常昭
  • 発売日: 1993/05/14
  • メディア: 単行本
 
説教への道: 牧師と信徒のための説教学

説教への道: 牧師と信徒のための説教学

  • 作者:加藤常昭
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: 単行本
 
新版 説教学入門

新版 説教学入門

 
説教のこころ

説教のこころ

 
心に触れる説教とは

心に触れる説教とは