KANAISM ー真っ直ぐに行こうー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

横田滋さんご召天 ああ、無念!

f:id:nozomu-kanai:20200622230009j:plain

2002年10月 拉致被害者を出迎える安倍官房副長官横田夫妻

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父で、家族会北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)の前代表、横田滋(よこた・しげる)さんが6月5日に老衰で天に召されました。享年87。安倍総理は記者会見を開いて、その死を悼み、次のように述べておられます。

横田滋さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。そして早紀江さんはじめご遺族に心からお悔やみを申し上げたい。滋さんとは本当に長い間、めぐみさんをはじめ拉致被害者の帰国を実現するために共に闘ってきました
2002年10月15日5人の拉致被害者の方々が帰国されました。羽田空港に当時、私は官房副長官としてお出迎えにうかがったわけですが、滋さんも早紀江さんと共に「家族会」の代表として来ておられました。そして、代表としての責任感から、その場を記録にとどめるためにカメラのシャッターを切っておられました。
帰国された拉致被害者はご家族の皆さんと抱き合って、喜びをかみしめておられました。その場を写真に撮っておられた滋さんの目から涙が流れていたことを、今でも思い出します。あの場にめぐみさんがおられないということ、どんなにか残念で悔しい思いだったかと、そのときに本当にそう思いました。
滋さんが早紀江さんと共に、その手でめぐみさんを抱きしめることができる日が来るようにという思いで今日まで全力を尽くしてまいりましたが、そのことを総理大臣としても、未だに実現できなかったこと、断腸の思いでありますし、本当に申し訳ない思いでいっぱいです
なんとかめぐみさんはじめ拉致被害者のふるさとへの帰還、帰国を実現するために、あらゆるチャンスを逃すことなく果断に行動していかなければならないという思いを新たにしています。
25年以上、まだ世の中が(拉致問題を)十分に認識していなかった時代から、滋さんは、暑い日も寒い日も署名活動を頑張っておられました。その姿をずっと拝見してきただけに痛恨の極みであります


横田滋さん死去うけ安倍総理「断腸の思い」(20/06/05)

www.jiji.com

安倍総理ほど熱心に親身になって拉致問題に取り組んできた政治家はいません。ところが、政治家やマスコミの一部は「拉致問題の進展が無いのは政府の責任だ」と言って、安倍内閣を批判しています。

www.sponichi.co.jp

news.goo.ne.jpwww.asahi.com

www.iza.ne.jp

しかし、救う会北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)の西岡力会長は次のように証言しておられます。

結果が出ていないから、さまざまな批評、批判が安倍首相や私たちの運動にも向けられてきた。ただ、ともに戦ってきたのではない傍観者や、ひどいときには妨害者だった方たちからの批判には同意できない部分が多い。
産経新聞がアベック3組の失踪を拉致として報じたのが55年だ。しかし、政府、与野党、マスコミもまともに取り扱わず10年たち、62年に大韓機爆破事件が起きて治安当局が腹を決めて国会で「北朝鮮による拉致の疑い濃厚」という歴史的答弁をしたのが63年だ。そのときも主要マスコミは1行も報じなかった(産経はベタ記事)。
平成9年、めぐみさんが北朝鮮に拉致されていることが明らかになったとき、北朝鮮は、拉致はないとウソをつき、日本国内でもまさか外国の工作員が日本までやってきて13才の少女たちを拉致するはずはないという、北朝鮮の政治宣伝に同調する勢力が圧倒的多数だった。大きなタブーがあった。
平成18年、第一次安倍政権が成立すると、私たちが運動の最初から求めてきた、政府に拉致を専門に担当する部署ができた。拉致担当大臣とその下の事務局が新設された。また、北朝鮮人権法が成立し、政府と地方公共団体拉致問題の啓発行事を行うことが義務づけられた。

www.sukuukai.jp

www.sukuukai.jp


【西岡力】拉致を黙殺した反日メディアと戦った安倍晋三【WiLL増刊号#215】

 

6月9日の記者会見で、めぐみさんの弟の横田哲也さんは次のように述べました。

40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致するはずはない」と言ってきたメディアがあったから、安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるのです。安倍総理、安倍政権は動いて、やってくださっています何もやっていない方が政権批判をするのは卑怯だと思います。
国内に敵も味方もないはずです。北朝鮮対日本、加害者対被害者の構図しかありません。これからもご協力をお願いしたいと思います。

news.yahoo.co.jp


めぐみさん弟の横田拓也さん・哲也さん会見に反響 主要紙が取り上げなかった発言とは


日本国は北朝鮮と国交がありませんが、朝鮮労働党と親しい関係にあった日本社会党(現・社会民主党)ならば、拉致問題の解決に向けて直接的な行動ができたのではないでしょうか。日本共産党なら、中国共産党を通して金王朝に圧力をかけることが、できたのではないでしょうか。

安倍総理が5か月も休みなく国事に奔走しておられる間、野党やマスコミの方々は拉致問題の解決に向けて何をしたのでしょうか。「国内に敵も味方も無いはずです」。本当にそうあってもらいたいものです。

6月15日に河野太郎防衛相は陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」配備の白紙撤回を表明しました。国防のためには「日本も敵基地攻撃能力を持つべきではないか」という意見も聞かれます。当然でしょう。

自分たちの国は自分たちの手で、命がけで守り抜く。同胞を拉致する国があれば、武力をもって救出する」。我々日本人が、日本国がこの当たり前の国防意識を持って行動しないから、北朝鮮なめられて拉致問題が解決しないのです。

野党やマスコミの一部が安保法制=集団的自衛権の行使に反対していたのは、誰のため、何のためだったのでしょうか。韓国のように北朝鮮におもねるような国は、金王朝から軽蔑されて、滅ぼされるでしょう。

安定した長期政権でなければ、金王朝と渡り合うことはできません。安倍内閣が荒波を越えてこれからも前進していかれることを、切に願います



救う会TV第10回「横田滋さんへの約束ー必ず、めぐみさんたちを助けます」

yoshiko-sakurai.jp


【青山繁晴】今日こそは言わせてもらう、安倍総理が抱える拉致問題と憲法改正の苦悩[桜R2/6/19]


【番外編】拉致問題から見る北朝鮮独裁体制 

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp