KANAISM ー真っ直ぐに行こうー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

新型コロナウイルス未だ恐るべし!

f:id:nozomu-kanai:20200723215830j:plain

新型コロナウイルスとインフルエンザの違い

連休初日の今日、7月23日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者数
全国で981人に上り、2日連続で過去最多を更新しました。
東京都で366人、愛知県で98人、福岡県で66人と過去最多となり、
大阪府では104人で、過去最多だった22日の121人に続いて100人を超えました。
全国の感染者数の累計は2万7524人になりました。

www.asahi.com

www.youtube.com


新型コロナウイルス(病名はCOVID-19、ウイルス名はSARS-CoV-2、以下「新コロ」と略す)感染拡大の問題について、私は以下のように認識しています。「新コロをむやみに恐れ過ぎてはいけない」。そのとおりですが、まだ「正しく恐れなければならない」段階だと私は思っています。


最近、次のような意見を見聞きします。

【A】発表されている「感染者数」はPCR陽性者判明数だが、PCR検査では、感染していない人が陽性とされ、感染している人が陰性とされる確率が小さくない。

【B】PCR検査数が増加したのだから、PCR陽性者判明数が増加するのは当然だ。

【C】4月まではPCR検査の対象は有症状者のみであったが、現在は無症状者も含めて全員検査をしているのだから、統計上、感染者数が増加するのは当然だ。

【D】感染者数だけでなく、むしろ重症化した人数死亡者数の方が重要だ。

【E】日本では、自然免疫によって新コロ感染者の98%無症状または軽い風邪程度で済んでおり、重症例は少数だ。

【F】日本での新コロによる死亡者数約1000人で(7月20日現在)、欧米の100分の1程度だ。

【G】日本は医療・保健・介護の体制が優良であり、国民の衛生・健康の意識が高いので、クラスター対策に成功している。

【H】最近の感染者は若者が多いので、重症化や死亡に至る人は少ない。

【I】日本国内で、例年のインフルエンザの感染者数は推定約1000万人、インフルエンザによる年間死亡者数は214人(2001年)~1818人(2005年)、インフルエンザ関連死の年間死亡者数は約1万人いる。新コロを特別視する必要は無い。

【J】新コロの感染者数の増加だけを声高に発表して、報道するのは、必要以上に国民の不安を煽っており、不適切だ。

toyokeizai.net


特番『衝撃!日本では既に”集団免疫が達成”されている!?』ゲスト:京都大学大学院医学研究科特定教授 上久保靖彦氏

これらのご意見の多くは、現時点では正しいと思います。しかし、まだ「油断はできない」と思います。そして、新コロの感染は、インフルエンザの感染とは大きく異なる、と思います。その理由は次のとおりです。


【理由1】まだワクチンができていないから。

【理由2】広く有効性が確かめられた特効薬がまだ無いから。

【理由3】基礎疾患を有する高齢者重症例が多くて、を中心に多臓器の重篤な障害により死に至るケースがあるから。

【理由4】インフルエンザのウイルスは毒性が強くてすぐに症状が出るのに、新コロは毒性が弱い。インフルエンザのウイルスは潜伏期間が2日間と短いのに対して、新コロは潜伏期間が最長で14日間に及ぶ。そのため、感染した本人が気づかないまま、他人に感染させてしまうから。

【理由5】感染した若者たちが動き回って、高齢者や持病のある人などに新コロを感染させる可能性があるから。

【理由6】新コロが変異することによって、これまでの「中国・武漢型」や「イタリア・アメリカ型」とは異なり、日本でも重症化する人や死亡する人が急増する可能性があるから。

【理由7】新コロは、東南アジアや南アジアでも大勢の感染者・死亡者が出ており、気温や湿度の変化に関係なく夏でも流行する可能性があるから。

【理由8】東京圏人口密度が極端に高いため、「3密」を形成する条件が揃っている場所が多いから。

【理由9】東京圏・大都市圏・地方圏で状況が大きく異なっているため、社会的な分断混乱が生じやすいから。

【理由10】クラスタが発生した場合に生じる社会的影響が非常に大きいため、事業者は信用失墜につながりかねないから。

【理由11】「インフルエンザで1万人が死亡」というのは「関連死」であって、同じ期間では新コロの方がインフルエンザよりも死亡者数が多くなる可能性があるから。

今、非常に多くの事業者が経営危機に瀕しており、非常に多くの国民が生活に困窮しています。日本経済を回していくことは緊急の超重要な課題です。
それゆえ全国一律で「All or Nothing」の緊急事態宣言を発令する必要は、もはや無い、と思います。状況に応じて、地域ごとに対応を変えていく必要があります。
よって、自治体の首長の賢明なリーダーシップが期待されるでしょう。もちろん、それを支える専門家や地域の人々の知恵と力の結集が必要です

smart119.biz

news.yahoo.co.jp
www.mhlw.go.jp

【Go To トラベル事業】国土交通省観光庁

https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001351403.pdf 

f:id:nozomu-kanai:20200723215932p:plain

新しい旅のエチケット



中共はなぜ、閻麗夢氏を恐れているのか?中共ウイルスの「ファイアウォール」を覆す前哨戦


疫病の黒幕を明らかにするために米国に亡命した閻麗夢氏 テドロスの涙は嘲笑の的


疫病感染スピードは驚くほど速い 正しいことをする



緊急提言・エピセンター新宿を制圧せよ~まずは30万人PCR検査から【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200717ためには時間が足りない

 

自分らしく生きるために(マタイ11:28-30)


2020年7月19日「自分らしく生きるために」マタイ11:28-30


■聖書 マタイによる福音書11章28-30節

<新共同訳>
28 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。
29 わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。
 そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。
30 わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。 

<金井試訳>
28 疲れ果てているのに、
 ずっと(律法の)重荷を負わされている人は皆、

 私のところに来なさい。
 休ませてあげます。
29 私は優しく謙虚な心で生きていますから、
 私のくびきを(一緒に)かついで、私から学びなさい。
 そうすれば、あなたがたのたましいは休息を見出します。
30 なぜなら、私のくびきはピッタリと合っていて、
 私の(教えは)荷が軽いからです。

Matthew 11:28 Interlinear: 'Come unto me, all ye labouring and burdened ones, and I will give you rest,

 

■説教 「自分らしく生きるために」


 イエス・キリストは私たちにとって、どのようなお方でしょうか。もちろんイエス・キリストは、天地万物を創造した永遠におられる神であり、贖いのわざを成し遂げた私たちの救い主です。これ以上ない偉大なお方です。私たちはイエス・キリストを尊び、礼拝しています。

 けれども、イエスは天の最も高いところに君臨する王であるのみならず、霊的にはいつもこの世で私たちと共に歩んでくださる教師であると、聖書は教えています。それは具体的には、どういうことでしょうか。今日は、よく知られているマタイによる福音書11章28-30節の御言葉から、このことについて学びたく思います。ギリシア語の原文にできるだけ忠実な訳文を書きましたので、参考にしてください。
 このテキストには、主イエスが語られた三つの命令が記されています。
 第一は「私のところに来なさい」、
 第二は「私のくびきを一緒にかつぎなさい」、
 第三は「私から学びなさい」です。
 この三つに分解して、お話しします。

f:id:nozomu-kanai:20200720133453j:plain

ユダヤ教会堂シナゴーグ


  1.私のところに来なさい


 紀元1世紀にユダヤガリラヤの各地にあるユダヤ教会堂シナゴーグ)で指導者となっていたのは、ファリサイ派と呼ばれる人たちでした。「ファリサイ」という言葉は「分離した者」という意味だと思われます。穢れたものから自分たちを分離する、いわば清め派といったところでしょう。

 その中でも旧約聖書の律法を専門的に学んだ人たちは律法学者と呼ばれ、会堂の礼拝だけでなく、会堂に付設された学校でも律法を教えていました。そのルーツは、バビロン捕囚から解放されてエルサレムに帰還したユダヤ人が主の神殿を再建した(紀元前515年)後に、宗教改革を断行した偉大な祭司エズラである(紀元前458年以降)と考えられています。

 主イエスが地上で宣教をなさった紀元27年から30年頃には、律法学者やファリサイ派の人々は、民衆に膨大な数の戒律を課しました。口伝律法と言いますが、それは聖書に記された律法の何倍、何十倍にも増えていきました。そして彼らは、戒律を守らない人々=守れない人々を、「罪人」として社会から排除したのです

 これに対して主イエスは断固として反対して、彼らの律法主義を厳しく批判されました

あなたたちは、自分の言い伝えのために神の言葉を無にしている。(マタイ15:6)

彼らは盲人の道案内をする盲人だ。盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう。(同15:14)

  たとえば、安息日にイエスの弟子たちが麦畑を通った時に、彼らはお腹が空いていたので、麦の穂を摘んで食べました。すると、ファリサイ派の人々は「あなたの弟子たちは安息日にしてはならないことをしている」と言って、イエスを批判しました(マタイ12:1-2)。麦を摘んだことは「収穫」、麦の実を殻から取り出したのは「脱穀」、実を手で揉んだのは「調理」で、安息日に禁じられた労働だ、というわけです。
 律法学者やファリサイ派の人々は〈背負いきれない重荷をまとめ、人の肩に載せるが、自分ではそれを動かすために、指一本貸そうともしない〉のです。(マタイ23:4)。主イエスは、そのような律法の〈くびき使徒15:10)から人々を解放されました
 貧しい人や罪人、病人、障がい者、女性、子どもなど、ユダヤ教会で軽んじられた人々は、イエスのもとに集まりました。幼な子のように無心に主を求める彼らに福音が啓示されたのは、父なる神の御心にかなったことでした(マタイ11:25-26)。

 主イエスは今も招いておられます。

疲れ果てているのに、
ずっと律法の重荷を負わされている人は皆、
私のところに来なさい。
休ませてあげます。

 私たちも様々なルールや慣行によって「しなければならないこと」が山積しており、できないことを責められている、あるいは自分で自分を責めているのではないでしょうか
 疲れ切った時は、無理せず休むしかありません。〈安息日の主〉(マタイ12:8)であるイエスは、私たちの霊も心も体も理解しておられ、必要な休息を与えてくださいます。主イエスは、みもとに来る人を、だれでも受け入れてくださいます。私たちも主イエスのみもとに近づきましょう

 

f:id:nozomu-kanai:20200718161829j:plain

軛(くびき)

https://unsplash.com/photos/1rMHZ-omK9Y

  2.わたしのくびきを一緒にかつぎなさい


 続いて主イエスはこう言われました。

私は優しく謙虚な心で生きていますから、
私のくびきを一緒にかついで、私から学びなさい。
そうすれば、あなたがたのたましいは休息を見出します。
なぜなら、私のくびきはピッタリと合っていて、
私の教えは荷が軽いからです。

 くびき〉は二頭の雄牛の首にかけて、車や鋤(すき)を引かせる道具です。イエスは青年時代にナザレで大工をしておられました。当時の大工は、木工に関わる仕事は何でもしました。「私が作るくびきは、あなたにピッタリと合っていて楽だよ。私の大工の腕は一流だから」とイエスは言っておられるのです。

 くびき〉が体型に合っていないと、雄牛は首がくびきに擦れて痛み、疲れてどうしようもなくなります私たちは、自分に合わない仕事や生活のスタイルを続けて、無理をしていないでしょうか? 心や体が痛みを訴えていないでしょうか? あるいは解決していない罪のために、あなたの霊が痛んで、叫び声をあげていないでしょうか?

 私たちの霊と心と体を創造した主は、私たちの不具合を理解しておられ、必要な休息と治療を勧めてくださいます。疲れた時は静かに休んだら良いのです。痛んだら、サインが出ているのですから、ちゃんと治療をしましょう。

 元気が回復したら、また歩き出しましょう。自分にピッタリと合った新しい〈くびき〉を付けて!
   
  3.私から学びなさい


 この世で生きていく以上、人は誰でも、負わなければならない〈荷物〉があります。私たちがキリスト者になったからといって、〈荷物〉が無くなるわけではありません。私たちは自分の家庭や職場、地域社会、親族、教会、交友関係、社会的立場、役割から離れることが、容易にはできません。けれど、〈私の荷は軽い〉と主イエスは言われます。キリスト者旧約聖書の律法から自由にされました。キリストによって与えられた真理が、私たちを自由にしたのです

真理はあなたがたを自由にする。(ヨハネ8:32)。

この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません。(ガラテヤ5:1)

  そして、もう私たちは独りで荷物を負うことがありません。〈くびき〉は二頭で負うものです。主イエスがあなたのパートナーとなり、あなたの荷物を共に負って歩んでくださるのです。主イエスはこう言っておられます。

私は優しく謙虚な心で生きていますから、
私のくびきを一緒にかついで、私から学びなさい。

 主イエスは、私たちの人生の最高のコーチです。主はあなたのペースに合わせて一緒に歩きながら、良い手本を見せてくださいます。そして、いろいろな局面で一つ一つアドバイスを与えてくださいます。私たちが聴く耳を持っているなら、主イエスはいろいろな方法で私たちに語りかけてくださるのです。私たちキリスト者はキリストの弟子として、キリストを見習いながら、キリストに聴いて、成長していきます
 旧約聖書の律法は〈キリストの律法〉によって完成されます。

兄弟たち、あなたがたは、自由を得るために召し出されたのです。ただ、その自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕えなさい。律法全体は「隣人を自分のように愛しなさい」という一句によって全うされるからです。(ガラテヤ5:13-14)

互いに重荷を担いなさい。そのようにしてこそ、キリストの律法を全うすることになるのです。(ガラテヤ6:2)

 主イエスのごとく〈優しく謙虚な心で〉生きていく者となりたいですね。

横田滋さんご召天 ああ、無念!

f:id:nozomu-kanai:20200622230009j:plain

2002年10月 拉致被害者を出迎える安倍官房副長官横田夫妻

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父で、家族会北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)の前代表、横田滋(よこた・しげる)さんが6月5日に老衰で天に召されました。享年87。安倍総理は記者会見を開いて、その死を悼み、次のように述べておられます。

横田滋さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。そして早紀江さんはじめご遺族に心からお悔やみを申し上げたい。滋さんとは本当に長い間、めぐみさんをはじめ拉致被害者の帰国を実現するために共に闘ってきました
2002年10月15日5人の拉致被害者の方々が帰国されました。羽田空港に当時、私は官房副長官としてお出迎えにうかがったわけですが、滋さんも早紀江さんと共に「家族会」の代表として来ておられました。そして、代表としての責任感から、その場を記録にとどめるためにカメラのシャッターを切っておられました。
帰国された拉致被害者はご家族の皆さんと抱き合って、喜びをかみしめておられました。その場を写真に撮っておられた滋さんの目から涙が流れていたことを、今でも思い出します。あの場にめぐみさんがおられないということ、どんなにか残念で悔しい思いだったかと、そのときに本当にそう思いました。
滋さんが早紀江さんと共に、その手でめぐみさんを抱きしめることができる日が来るようにという思いで今日まで全力を尽くしてまいりましたが、そのことを総理大臣としても、未だに実現できなかったこと、断腸の思いでありますし、本当に申し訳ない思いでいっぱいです
なんとかめぐみさんはじめ拉致被害者のふるさとへの帰還、帰国を実現するために、あらゆるチャンスを逃すことなく果断に行動していかなければならないという思いを新たにしています。
25年以上、まだ世の中が(拉致問題を)十分に認識していなかった時代から、滋さんは、暑い日も寒い日も署名活動を頑張っておられました。その姿をずっと拝見してきただけに痛恨の極みであります


横田滋さん死去うけ安倍総理「断腸の思い」(20/06/05)

www.jiji.com

安倍総理ほど熱心に親身になって拉致問題に取り組んできた政治家はいません。ところが、政治家やマスコミの一部は「拉致問題の進展が無いのは政府の責任だ」と言って、安倍内閣を批判しています。

www.sponichi.co.jp

news.goo.ne.jpwww.asahi.com

www.iza.ne.jp

しかし、救う会北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)の西岡力会長は次のように証言しておられます。

結果が出ていないから、さまざまな批評、批判が安倍首相や私たちの運動にも向けられてきた。ただ、ともに戦ってきたのではない傍観者や、ひどいときには妨害者だった方たちからの批判には同意できない部分が多い。
産経新聞がアベック3組の失踪を拉致として報じたのが55年だ。しかし、政府、与野党、マスコミもまともに取り扱わず10年たち、62年に大韓機爆破事件が起きて治安当局が腹を決めて国会で「北朝鮮による拉致の疑い濃厚」という歴史的答弁をしたのが63年だ。そのときも主要マスコミは1行も報じなかった(産経はベタ記事)。
平成9年、めぐみさんが北朝鮮に拉致されていることが明らかになったとき、北朝鮮は、拉致はないとウソをつき、日本国内でもまさか外国の工作員が日本までやってきて13才の少女たちを拉致するはずはないという、北朝鮮の政治宣伝に同調する勢力が圧倒的多数だった。大きなタブーがあった。
平成18年、第一次安倍政権が成立すると、私たちが運動の最初から求めてきた、政府に拉致を専門に担当する部署ができた。拉致担当大臣とその下の事務局が新設された。また、北朝鮮人権法が成立し、政府と地方公共団体拉致問題の啓発行事を行うことが義務づけられた。

www.sukuukai.jp

www.sukuukai.jp


【西岡力】拉致を黙殺した反日メディアと戦った安倍晋三【WiLL増刊号#215】

 

6月9日の記者会見で、めぐみさんの弟の横田哲也さんは次のように述べました。

40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致するはずはない」と言ってきたメディアがあったから、安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるのです。安倍総理、安倍政権は動いて、やってくださっています何もやっていない方が政権批判をするのは卑怯だと思います。
国内に敵も味方もないはずです。北朝鮮対日本、加害者対被害者の構図しかありません。これからもご協力をお願いしたいと思います。

news.yahoo.co.jp


めぐみさん弟の横田拓也さん・哲也さん会見に反響 主要紙が取り上げなかった発言とは


日本国は北朝鮮と国交がありませんが、朝鮮労働党と親しい関係にあった日本社会党(現・社会民主党)ならば、拉致問題の解決に向けて直接的な行動ができたのではないでしょうか。日本共産党なら、中国共産党を通して金王朝に圧力をかけることが、できたのではないでしょうか。

安倍総理が5か月も休みなく国事に奔走しておられる間、野党やマスコミの方々は拉致問題の解決に向けて何をしたのでしょうか。「国内に敵も味方も無いはずです」。本当にそうあってもらいたいものです。

6月15日に河野太郎防衛相は陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」配備の白紙撤回を表明しました。国防のためには「日本も敵基地攻撃能力を持つべきではないか」という意見も聞かれます。当然でしょう。

自分たちの国は自分たちの手で、命がけで守り抜く。同胞を拉致する国があれば、武力をもって救出する」。我々日本人が、日本国がこの当たり前の国防意識を持って行動しないから、北朝鮮なめられて拉致問題が解決しないのです。

野党やマスコミの一部が安保法制=集団的自衛権の行使に反対していたのは、誰のため、何のためだったのでしょうか。韓国のように北朝鮮におもねるような国は、金王朝から軽蔑されて、滅ぼされるでしょう。

安定した長期政権でなければ、金王朝と渡り合うことはできません。安倍内閣が荒波を越えてこれからも前進していかれることを、切に願います



救う会TV第10回「横田滋さんへの約束ー必ず、めぐみさんたちを助けます」

yoshiko-sakurai.jp


【青山繁晴】今日こそは言わせてもらう、安倍総理が抱える拉致問題と憲法改正の苦悩[桜R2/6/19]


【番外編】拉致問題から見る北朝鮮独裁体制 

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp