KANAISM ーカナイズムー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

ガラテヤの人たちは私の子ども(ガラテヤ4:8-20)


2019年5月19日「ガラテヤの人たちは、わたしの子ども」ガラテヤ4:8-20

 

        <説教要旨>

   「ガラテヤの人たちは私の子ども」 金井 望 

  2019年5月19日 西岡本キリスト教

 

(8) ところで、あなたがたはかつて、神を知らずに、もともと神でない神々に奴隷として仕えていました。(9) しかし、今は神を知っている、いや、むしろ神から知られているのに、なぜ、あの無力で頼りにならない支配する諸霊の下に逆戻りし、もう一度改めて奴隷として仕えようとしているのですか。(10) あなたがたは、いろいろな日、月、時節、年などを守っています。(11) あなたがたのために苦労したのは、無駄になったのではなかったかと、あなたがたのことが心配です。
(12) わたしもあなたがたのようになったのですから、あなたがたもわたしのようになってください。兄弟たち、お願いします。あなたがたは、わたしに何一つ不当な仕打ちをしませんでした。(13) 知ってのとおり、この前わたしは、体が弱くなったことがきっかけで、あなたがたに福音を告げ知らせました。(14) そして、わたしの身には、あなたがたにとって試練ともなるようなことがあったのに、さげすんだり、忌み嫌ったりせず、かえって、わたしを神の使いであるかのように、また、キリスト・イエスででもあるかのように、受け入れてくれました。(15) あなたがたが味わっていた幸福は、いったいどこへ行ってしまったのか。あなたがたのために証言しますが、あなたがたは、できることなら、自分の目をえぐり出してもわたしに与えようとしたのです。(16) すると、わたしは、真理を語ったために、あなたがたの敵となったのですか。(17) あの者たちがあなたがたに対して熱心になるのは、善意からではありません。かえって、自分たちに対して熱心にならせようとして、あなたがたを引き離したいのです。(18) わたしがあなたがたのもとにいる場合だけに限らず、いつでも、善意から熱心に慕われるのは、よいことです。(19) わたしの子供たち、キリストがあなたがたの内に形づくられるまで、わたしは、もう一度あなたがたを産もうと苦しんでいます。(20) できることなら、わたしは今あなたがたのもとに居合わせ、語調を変えて話したい。あなたがたのことで途方に暮れているからです。

 (ガラテヤの信徒への手紙4:8~20)

 

f:id:nozomu-kanai:20190525102527p:plain

 

  1.初心 忘るべからず

 

「ガラテヤの信徒への手紙」は紀元後48年頃に、使徒パウロがシリアのアンティオキアから小アジアの中央部・南ガラテヤの諸教会に宛てて書いた書簡です(諸説あり)。47年にパウロバルナバと共に、アンティオキア教会から遣わされて、ピシディアのアンティオキア、イコニオン、リストラ、デルベ等、この地方の町々で伝道しました(使徒13~14章、第1回宣教旅行)。


それまでこの地方の人々は、真の〈神を知らずに、もともと神でない神々に奴隷として仕えていました〉(8)。この地方は「皇帝街道」という東西世界の大動脈が通っているため、ギリシア神話の主神ゼウス(使徒14:13)をはじめ世界中の宗教が流入しており、「ユダヤの魔術」(使徒13:6)が流行していました。魔術とは悪魔崇拝使徒13:10、黙示録2:9,13,24,3:9)に他なりません。


ユダヤ人の会堂で行われる安息日の礼拝に、地元の人々も出席していましたが、割礼を受けて、律法を遵守する「改宗者」(使徒13:43)となる人は、ごく少数でした。聖書の神を信じつつも改宗できない「神を畏れる人たち」(使徒13:16,26)が大勢いたのです。食物規定や清浄規定、安息日等、ユダヤ教の戒律を守ることは、ほとんどの異邦人にとって生活上、無理なことでした。


ところが、〈人は律法の実行ではなく、ただイエス・キリストへの信仰によって義とされる〉(2:16)とパウロは彼らに伝えました。割礼を受けなくても、戒律を守れなくても、イエスを主キリストと信じて告白し、バプテスマを受けるだけで、誰でも〈神の子〉(4:5)になれる! この〈福音を聞いて信じた〉(3:2)ガラテヤの人々の〈目の前に、イエス・キリストが十字架につけられた姿ではっきり示され〉(3:1)て、彼らは聖霊を受けました。新生したのです。

 

それなのに〈あなたがたがこんなにも早く離れて、ほかの福音に乗り換えようとしていることに、わたしはあきれ果てています〉(1:6)とパウロは嘆きます。

 

  2.世を支配する諸霊

 

〈今は神を知っている、いや神に知られているのに、なぜ、あの無力で頼りにならない支配する諸霊の下に逆戻りし、もう一度改めて奴隷として仕えようとしているのですか〉(9)。彼らを惑わしているのは、エルサレム教会に〈潜り込んできた偽の兄弟たち〉です。彼らはエルサレムで主イエスの弟ヤコブに取り入り、ヤコブから遣わされてシリアと小アジアに来ました。その特徴は割礼派、律法主義、ユダヤ主義ですが、彼らの影響によってガラテヤの信徒たちは〈いろいろな日、月、時節、年など〉を守るようになりました。


パウロが61年頃に、南ガラテヤに近いコロサイの信徒たちに書き送った書簡には、次の文があります。

だから、あなたがたは食べ物や飲み物のこと、また、祭りや新月安息日のことでだれにも批評されてはなりません。(中略)偽りの謙遜と天使礼拝にふける者から、不利な判断を下されてはなりません。こういう人々は、幻で見たことを頼りとし、肉の思いによって根拠もなく思い上がっているだけで、頭であるキリストにしっかりと付いていないのです。(中略)あなたがたは、キリストと共に死んで、世を支配する諸霊とは何の関係もないのなら、なぜ、まだ世に属しているかのように生き、「手をつけるな。味わうな。触れるな」などという戒律に縛られているのですか。(コロサイ2:16,18-19,20-21)

1世紀中葉のユダヤ、シリア、小アジアにおいて、ユダヤ教の律法主義と神秘主義(黙示文学)がギリシア等の星辰礼拝(月日や季節を支配する天体を神々として崇拝する)と混合して、天使礼拝が為されていました(エフェソ6:12)。これは暦や星占い、魔術等に影響があります。
  

  3.キリストが形づくられるまで

 

パウロはガラテヤの信徒たちに、〈福音を告げ知らせ〉た最初の時を思い出すように、と促しました(13)。当時パウロは体が弱って目の病を患い、それは人につまずきを与えかねないものでした。けれどガラテヤの人々は、パウロを天使かキリストのごとく敬い、福音を受け入れて救われ、大いに喜んでいたのです。〈偽の兄弟たち〉も〈熱心〉ですが、その動機は、愛ではありません。彼らは人々を、〈自分たちに対して熱心〉な奴隷にしようとしているのです(17)。


パウロは真実の愛をもって諭します。〈わたしの子供たち。キリストがあなたがたのうちに形づくられるまで、わたしは、もう一度あなたがたを産もうと苦しんでいます〉(19)。

 

私たちは誰の声に耳を傾けているでしょうか。

 

日本バプテスト同盟 西岡本キリスト教会