KANAISM ー真っ直ぐに行こうー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

復活の福音(第一コリント15:1-22)

日本バプテスト同盟 西岡本キリスト教
2020年4月26日 復活節第3主日礼拝


2020年4月26日「復活の福音」第一コリント15:1-22


■聖書朗読
  コリントの信徒への手紙 一 15章1~22節(新共同訳) 


 1
兄弟たち、わたしがあなたがたに告げ知らせた福音を、ここでもう一度知らせます。これは、あなたがたが受け入れ、生活のよりどころとしている福音にほかなりません。2 どんな言葉でわたしが福音を告げ知らせたか、しっかり覚えていれば、あなたがたはこの福音によって救われます。さもないと、あなたがたが信じたこと自体が、無駄になってしまうでしょう。3 最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。

すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、4 葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、5 ケファに現れ、その後十二人に現れたことです。6 次いで、五百人以上もの兄弟たちに同時に現れました。そのうちの何人かは既に眠りについたにしろ、大部分は今なお生き残っています。7 次いで、ヤコブに現れ、その後すべての使徒に現れ、8 そして最後に、月足らずで生まれたようなわたしにも現れました。

9 わたしは、神の教会を迫害したのですから、使徒たちの中でもいちばん小さな者であり、使徒と呼ばれる値打ちのない者です。10 神の恵みによって今日のわたしがあるのです。そして、わたしに与えられた神の恵みは無駄にならず、わたしは他のすべての使徒よりずっと多く働きました。しかし、働いたのは、実はわたしではなく、わたしと共にある神の恵みなのです。11 とにかく、わたしにしても彼らにしても、このように宣べ伝えているのですし、あなたがたはこのように信じたのでした。


 12
キリストは死者の中から復活した、と宣べ伝えられているのに、あなたがたの中のある者が、死者の復活などない、と言っているのはどういうわけですか。13 死者の復活がなければ、キリストも復活しなかったはずです。14 そして、キリストが復活しなかったのなら、わたしたちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です。15 更に、わたしたちは神の偽証人とさえ見なされます。なぜなら、もし、本当に死者が復活しないなら、復活しなかったはずのキリストを神が復活させたと言って、神に反して証しをしたことになるからです。16 死者が復活しないのなら、キリストも復活しなかったはずです。17 そして、キリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。18 そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。19 この世の生活でキリストに望みをかけているだけだとすれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。


 20
しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。21 死が一人の人によって来たのだから、死者の復活も一人の人によって来るのです。22 つまり、アダムによってすべての人が死ぬことになったように、キリストによってすべての人が生かされることになるのです。

 

■説教  「復活の福音」 金井 望

 

  1.この福音によって救われる


 この「コリントの信徒への手紙 一」は、紀元55年の初め頃に、使徒パウロが第3回宣教旅行(53-57年)の途中、エフェソ(エペソ)で書いたものです(使徒19章)。パウロは第2回宣教旅行(49-52年)において、50年の秋から52年の春までコリントに滞在して伝道しました(使徒18章)。パウロが自らの意思で一つの場所にこれほど長く滞在するのは、珍しいことでした。パウロは、地中海世界全体に宣教を拡大していくために、コリント(Korinthos)の町が重要だと思っていたのです。

f:id:nozomu-kanai:20190629165952p:plain

パウロの宣教旅行

 コリントはギリシア本土とペロポネソス半島を結ぶ地峡に位置しており、エーゲ海アドリア海を結ぶ東西貿易の中継地として栄えた国際商業都市でした。2万人を収容する大劇場など優れた建築物がたくさんありました。コリントの名が広く知られていたのには、もう一つ理由がありました。この町の西南にそびえるアクロ・コリント山(標高575m)の頂上に女神アフロディトの神殿があり、神殿売春婦である巫女が1000人もいたのです。「コリント」は道徳的な退廃の代名詞でした。


ja.wikipedia.org

Laudate | 聖書を読もう!コリントの信徒への手紙

アクロコリントス - Wikipedia

アプロディーテー - Wikipedia


 パウロは、コリントの教会の問題を人づてに聞いていました(1:11)。教会の中に分裂が生じ、信徒の中には道徳的に堕落する者があり、裁判沙汰が起こっていました。偶像崇拝は信徒たちにとって身近な問題でした。コリント教会の信徒たちには霊的な賜物が豊かに与えられていましたが、教会の秩序が崩れて、混乱が生じていました。.
.
 パウロは、この「コリントの信徒への手紙 一」の1章から14章まで、こうした諸問題について指導してきましたが、15章ではコリントの信徒たちの根本的な、最も重要な問題にメスを入れました。それは、パウロがほんの数年前に伝えた「福音」の根本的・中心的・最重要な「キリスト」の真理を、彼らが正しく理解して、しっかりと保持しているのか、怪しいという問題でした。倫理的な問題が生じた場合、その背景に教理・世界観の歪みや誤謬、無理解が存在するケースが、多いのです。1節から3節の前半まで読んでみましょう。

1 兄弟たち、わたしがあなたがたに告げ知らせた福音を、ここでもう一度知らせます。これは、あなたがたが受け入れ、生活のよりどころとしている福音にほかなりません。2 どんな言葉でわたしが福音を告げ知らせたか、しっかり覚えていれば、あなたがたはこの福音によって救われます。さもないと、あなたがたが信じたこと自体が、無駄になってしまうでしょう。3 最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。

 使徒パウロは歴史上最大の影響力を持った神学者・宣教者です。けれども彼が人々に告げて回った「福音」は彼が考えだしたものではありません。それは「わたしも受けたものです」とパウロは正直に告白します。この最初期キリスト教の宣教の使信を「ケーリュグマ」と言います。それを正確に伝えて、保持することが、死活問題でした。何しろこの地方は古くから偶像崇拝が盛んであり、さらに世界中から様々な宗教が流入していたため、キリスト教も混淆宗教となり、異端となる者が少なくなかったのです。

 聖書・キリスト教の根本的な教理は、神とキリストから直接的に与えられた真理ですから、これに足すことも引くことも、他のものを掛け合わすことも、してはなりません。キリストの福音を正しく理解して信じ、その真理に堅く立ち続けることが大切です。「この福音によって救われる」からです。

  2.イエス・キリストの死と復活は事実である


 では、私たちを救う「福音」の内容は何でしょうか。3節から11節までを読んでみましょう。

(1) キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと
(2) 葬られたこと
(3) 聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと
(4) ケファに現れ、その後十二人に現れたこと
(5) 次いで、五百人以上もの兄弟たちに同時に現れました。
(6) 次いで、ヤコブに現れ、その後すべての使徒に現れ、
(7) そして最後に、月足らずで生まれたようなわたしにも現れました。 

 ここで第一に重要な事実は、紀元30年の春にエルサレム城外で、神の御子イエス・キリストが十字架で処刑されて死んだこと。それが私たちの身代わりであって、私たちの罪――神の律法に違反したために、神に対して負っている負債――を、キリストが贖って――完済して――くださったことです。これは旧約聖書に預言されていたとおりであって、神の御計画によって成された一方的な恵みです。

 

f:id:nozomu-kanai:20171026215035j:plain

イエス・キリストの十字架刑

 第二に重要な事実は、イエス・キリストが死後三日目に復活したことです。「葬られた」というのは、仮死状態で蘇生したのではなくて、完全に死んだ状態であったイエスが陰府(よみ、ハデス)からよみがえったことを意味しています。イエスは脇腹に槍を刺されて、水と血が流れ出たため、蘇生は不可能でした(ヨハネ19:34)。

 

f:id:nozomu-kanai:20171026214632j:plain

イエス・キリストの復活

  第三に重要な事実は、復活したイエス・キリストが40日間、使徒たちや他の弟子たち、多くの民衆に、その姿を現わされたことです。ケファ(ペトロ)と主イエスの兄弟ヤコブキリスト教会全体のリーダーとして、特別にここに名が記されています。主イエスの肉の弟たちや妹たち(マルコ6:3)は、復活以前には兄イエスをキリストだとは信じていませんでした(ヨハネ7:5)。ところが、イエスが復活し、昇天した後は、彼らも弟子に加わりました(使徒1:14)。

f:id:nozomu-kanai:20200425220020j:plain

キリストの昇天

 第四に重要な事実は、復活されたイエスがその肉体をもって最後に、パウロに現れてくださったことです。大勢いた弟子たちの中でも、イエスの宣教にずっと従ってきた「12弟子」が特別に「使徒」と認められていました。パウロはそうではないばかりか、イエスの弟子たちを捕縛・投獄して死に追いやっていた男です。パウロ使徒としての資格を疑う人たちに対して、パウロはここで弁明している次第です。パウロを最後としてその後は、イエスを直接見た証人として「使徒」と呼ばれる人は絶えました。今日「使徒」を名乗る人たちは偽者です。

 

f:id:nozomu-kanai:20200425213531j:plain

The Conversion Of St Paul

  3.キリスト者はキリストと同様に復活する

 イエス・キリストの復活が歴史上の事実であるという真理こそ、私たちキリスト者にとって救いの確かな保証となっています。復活によって、イエスが天から降って来た神の御子キリストであることが、証明されました。イエスが罪の力=死の力を打ち破ったから、私たちは、罪が贖われ、永遠の命が与えられていることを、確信できるのです。

20 しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました。21 死が一人の人によって来たのだから、死者の復活も一人の人によって来るのです。22 つまり、アダムによってすべての人が死ぬことになったように、キリストによってすべての人が生かされることになるのです。

 イエスの復活は「初穂」です。イエスは「第二のアダム」「新しいアダム」となりました。イエスは、彼をキリストと信じる者たちに、新しい永遠の命を与えて、霊的に新生させます。イエスも私たちも霊的に「新人類」なのです。

 多くのギリシア人は肉体を悪、霊魂を善と見て、「肉体は霊魂を閉じ込める牢獄だ。死によって霊魂がそこから解放されることが救いだ」と考えました(霊肉二元論)。しかし聖書は、肉体も神が創造した善いものだ、と教えます。私たちは死んでも、キリストが再臨される時に、肉体が復活して、キリストと同様に永遠の栄光の体に変えられます。天国は、食べたり飲んだり歌ったり踊ったりできる楽しい世界です。

 

 この世にあっては、誰もが多くの問題にぶつかり、悩みが絶えません。けれどもイエス・キリストは今も生きておられ、どこまでも私たちと共にいてくださいます。この揺れ動く世界にあって、変わることがない確かな福音の真理に堅く立ち続けましょう。 

 

 

ごあいさつ |西岡本キリスト教