カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

「主のまなざし」ルカ22:31~34、54~62

【金言】しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。(ルカ22:32)

 

私たちは人間関係の中で自分自身の評価を決定して、喜びもし、悩みもする。

しかし、聖書は、神と私たちの関係が第一の問題だ、と教えている。

人間は元来、神に愛され、神を愛する者として造られている。

その関係にこそ幸福と解決とがある。

主の私たちに対する愛の深さを悟りたい。

 

1.主の赦し

 

愛するとは第一に、赦すことである。

イエスは私たちに対する神の愛を具体的に表された。

ペトロはイエスの筆頭弟子であるが、彼は三度も主を知らないと言って否む。

しかし、イエスはそのような彼の弱さを予め知りつつ、彼を赦し、彼の信仰が無くならないように祈り、彼に弟子たちの牧会を託された。

それは、多く赦された彼こそ人を多く愛し、包み、励ますことができるからである。

 

2.主のまなざし

 

イエスが捕らえられていくと、弟子たちは師を見捨てて逃げ去った。

ペテロは遠く離れてついていくが、大祭司の家の中庭でそこにいた人たちに「この人も一緒だった」と言われて、3度これを否定した。

その時、主が予言されたとおり鶏が鳴いた。

主は振り向いてペテロを見つめられた。

そのまなざしには、深き憐れみがあった。

主はすでに彼を赦しておられたのだから。

私たちは実に過ち多き者であるが、ただ主に赦されて生きていく。

主の愛が闇を駆逐するのである。

 

3.主の十字架

 

主イエスは、私たちを赦すために、御自分の命を十字架に献げて下さった。

自分がいかに赦されている者であるかを知る時に、私たちは他人を赦せるようになる。

否、他人を裁く資格すらない自分自身であることに気づくのである。

私たちは弱く、愚かで、罪深い者である。

しかし、主イエスは今も、私たちの信仰が無くならないように、私たちひとり一人のために祈って下さっている。

私たちは主に赦され、主に愛され、主に支えられて生きている。

互いに赦し合い、共に十字架の道に従って行こう。