KANAISM ー真っ直ぐに行こうー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

教会を建て上げる幸い(マタイ16:13-20)

f:id:nozomu-kanai:20190210170622j:plain

日本バプテスト同盟 西岡本キリスト教

■聖書朗読 マタイによる福音書16:13~20

13 イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに、「人々は、人の子のことを何者だと言っているか」とお尋ねになった。14 弟子たちは言った。「『洗礼者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤだ』と言う人もいます。ほかに、『エレミヤだ』とか、『預言者の一人だ』と言う人もいます。」15 イエスが言われた。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」16 シモン・ペトロが、「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えた。17 すると、イエスはお答えになった。「シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ。18 わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。19 わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる。」20 それから、イエスは、御自分がメシアであることをだれにも話さないように、と弟子たちに命じられた。

 

■説教 「教会を建て上げる幸い」

 

 先日、私は同盟総会に出席させていただき、全国から集まってこられた牧師・信徒の兄弟姉妹と良き交わりを持たせていただきました。今年のテーマは「小さな群れよ、恐れるな」(ルカ12:32)でした。少子高齢化によって人口が減少し、「地方消滅」と言われる時代にあって、我々の同盟もまた厳しい状況にあることは否めません。けれども、人口の少ない地方圏でたくさんの教会を生み出して、存続してきたこの群れは、今も素晴らしい可能性を持っています。「教会」とは何でしょうか。その存在意義や目標は何でしょうか。主の教えに耳を傾けたく思います。


  1.教会の土台は正しい信仰告白である

 
 時は紀元29年の秋頃と思われます。主イエスの宣教の旅が終わりに近づいていました。主は弟子たちを連れて、現在のイスラエル最北の地、当時<フィリポ・カイサリア>と呼ばれた地方に、行かれました。北を望めば、標高2816メートルを誇り、一年中、山頂に雪を抱いているヘルモン山がそびえています。

 

カエサレア・ピリピ - Wikipedia

f:id:nozomu-kanai:20100723142317j:plain

f:id:nozomu-kanai:20200712033118j:plain


 ここは、ヘルモン山の南麓にある、岩の多い高台です。山に染み込んだ水が、ここで豊かな泉となって、湧き出ています。これがヨルダン川の水源地の一つであり、川は40キロほど下って、ガリラヤ湖の北岸に注いでいます。

 

f:id:nozomu-kanai:20200712032055j:plain

バニアスの滝

 詩編42編の舞台はこの地です。 

わたしの魂はうなだれて、あなたを思い起こす。
ヨルダンの地から、ヘルモンとミザルの山から
あなたの注ぐ激流のとどろきにこたえて
深淵は深淵に呼ばわり
砕け散るあなたの波はわたしを越えて行く。

 旧約聖書の時代には、この地はバアル・ガドヨシュア11:17)やバアル・ヘルモン(士師3:3)と呼ばれ、異教の神を祀る場所でした。ここは、ヘレニズム時代からギリシア神話のパーン神を礼拝する聖所となり、パニヤスと呼ばれるようになりました。パーンは下半身が山羊で、上半身は人間、頭に2本の角があります。

 

f:id:nozomu-kanai:20190727035333j:plain

 パーン:下半身は山羊で、頭に2本の角がある

 

 紀元前20年にヘロデ大王は皇帝アウグストゥスからこの町を与えられたため、その記念に皇帝の像を安置した神殿を建設しました。大王の息子であるヘロデ・フィリポは、この町を拡張し、白い大理石で壮麗な神殿を建てて、皇帝(カイサル)を祀りました。日本で言えば、徳川家康を祀った日光東照宮明治天皇を祀った明治神宮のようなものでしょうか。

ヘロデ朝 - Wikipedia

f:id:nozomu-kanai:20180221073156j:plain

フィリポ・カイサリア遺跡

f:id:nozomu-kanai:20200713182122j:plain

日光東照宮陽明門

f:id:nozomu-kanai:20151230115104j:plain

明治神宮

 この偶像崇拝の盛んな地で、主イエスは弟子たちに尋ねました。

「人々は人の子を何者だと言っているか」


人の子>はメシアの称号です(ダニエル7:13)。

 弟子たちは答えました。

「『洗礼者ヨハネだ』と言う人も、『エリヤだ』と言う人もいます。ほかに、『エレミヤだ』とか、『預言者の一人だ』と言う人もいます」


 ガリラヤの領主ヘロデ・アンティパスは、「イエスは、私が殺したバプテスマのヨハネのよみがえりではないか」と恐れていました(14:1-2)。<エリヤ>は紀元前9世紀後半に北王国イスラエルで活動した預言者であり、<エレミヤ>は南王国ユダの末期からバビロン捕囚時代にかけて活動した預言者です。両者とも「メシアの先駆けとして再来する」と人々は信じていました(マラキ4:5、Ⅱマカベア2:1-12、ラテン語エズラ記2:18)。
 イエスは彼らに尋ねました。

「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」


 これにペトロが答えました。

「あなたはメシア、生ける神の子です」


 正解です。命無き偶像とは違い、イエスは生きている救い主です。ローマ皇帝は人間に過ぎませんが、イエスは天から降って来た<神の子>です。

 ペトロの信仰告白を聞いて、イエスは彼に言いました。

ヨハネの子シモン、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは人間ではなく、わたしの天の父である」


 漁師であるシモンは「無学な普通の人」(使徒4:13)です。使徒パウロのように律法の専門教育を受けた学者ではありません。けれども、神が啓示によって、彼にこの真理を悟らせたのです。

 続いてイエスは彼にこう言いました。

「わたしも言っておく。あなたはペトロ。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる」

Matthew 16:18 Interlinear: 'And I also say to thee, that thou art a rock, and upon this rock I will build my assembly, and gates of Hades shall not prevail against it;


 <ペトロ>(石)と<>(ペトラ)は掛け言葉です。ペトロは12使徒の代表として信仰を告白しました。教会は、使徒直伝の正しい信仰告白を土台として、その上に建て上げられる霊的な神の家です。

あなたがたは使徒預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。(エフェソ2:19-22)

 

  2.キリストがキリストの教会を建て上げている

 

 主イエスは、明確な目標をもって宣教を進め、弟子を訓練しました。

「わたしは……わたしの教会を建てる」


 これがその目標です。<教会>の原語「エクレーシア」は「召し集められた者たち」という意味の言葉です。これは、70人訳ギリシア語聖書(SEPTUAGINTA)でヘブライ語聖書の「カーハール」(神の選民イスラエルの集会)の訳語として使用された語です。すなわち主イエスは、新しい神の選民を形成しているのです(ガラテヤ6:16参照)。四つの福音書において「エクレーシア」という語が用いられているのは、マタイ福音書の16章と18章だけです。このテキストは、主イエスご自身が直接語った教会論を伝えており、非常に重要です。

 「教会」というのは本来、建物のことでも組織や宗教法人のことでもありません。「教会」は神に選ばれた者たちの集まりです。私たちが教会なのです。教会堂や組織も重要ですが、何よりも大事なのは人です。
 主イエスは「わたしが教会を建てる」と言っておられます。私たちが教会に集うようになった事情は、「親がクリスチャンだから」、「友だちに誘われて」、「学校がミッションスクールだったから」などいろいろでしょう。けれども、実は主イエスが私たちひとりひとりを選んで、教会に導いてくださったのです。
 主イエスはこう言っています。

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ」(ヨハネ15:16)


 教会は、主イエスがご自身の命を犠牲として贖ったものです。使徒パウロは次のように教えています。

夫たちよ、キリストが教会を愛し、教会のために御自分をお与えになったように、妻を愛しなさい。(エフェソ5:25)

 ですから、主イエスは教会をとても愛しておられます。教会は誰のものでしょうか。もちろん会員である皆さんのものですが、それ以上に、教会はイエス・キリストのものです。イエス・キリストご自身が教会を建て上げているのです。

 

  3.教会に天国の鍵が与えられている 

 

 続いて主イエスはペトロにこう言いました。

「陰府(よみ)の力もこれに対抗できない。わたしはあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上でつなぐことは、天上でもつながれる。あなたが地上で解くことは、天上でも解かれる」

Matthew 16:19 Interlinear: and I will give to thee the keys of the reign of the heavens, and whatever thou mayest bind upon the earth shall be having been bound in the heavens, and whatever thou mayest loose upon the earth shall be having been loosed in the heavens.'


 主イエスはペトロに天国の鍵を授けました。「」は複数形です。カトリック教会では、「バチカンにいるローマ教皇がペトロの後継者であり、天国の鍵を持っている」と主張します。しかし、マタイによる福音書18章18節で、主イエスはこう言っています。

「はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは、天上でも解かれる」


 天国の鍵は<教会>に授けられたものであり、「ペトロの後継者」だけが所有するものではありません。私たちキリスト者は皆、天国の鍵を使うことができます。それが万人祭司です。

f:id:nozomu-kanai:20200713221341j:plain

バチカン・サンピエトロ大聖堂

f:id:nozomu-kanai:20200713221835j:plain

95ヶ条の提題を貼るルター

kanai.hatenablog.jp


 では、天国の鍵はどのように用いるものでしょうか。これは、悪魔・悪霊によって陰府(よみ)に引き摺り込まれようとする人々を解放して、天国に入れるために用いるものです。
 聖書の霊的な世界観は、天と地と地下(陰府)という三層構造になっています(エフェソ2:10参照)。人は死んだら、どこに行くのでしょうか。聖書によれば、肉体が土に帰っても、霊魂は生きていて、自意識を持っています。「イエスをキリストと信じる人は天国に行って、信じない人は地獄に行く」と言う人がいますが、それは大きな誤解です。「イエスをキリストと信じる人は天国に行く」というのは正しいのですが、それ以外の人が行くのは陰府です。新約聖書の原語、ギリシア語では「ハデース」と言います。そこは、最後の審判が行われるまでの中間状態です。最後の審判によって新天新地=完成した神の国に入る人と、永遠の火の池すなわち「ゲヘナ」=地獄に入る人が、分けられます(マルコ9:43-49、黙示録20:12-15)。陰府にも炎の中で苦しむ人がいますけれど、静穏な場所にいる人もいるようです(ルカ16:23-24参照)。

 陰府は悪魔・悪霊が本拠地としている城砦のようなところで、死者の霊魂はその中に囚われています。マタイ16:18で「」と訳されている原語の正確な意味は「」です。それは複数形です。岩波訳はこれを「軍門」と訳していますが、悪霊=堕天使の軍団を指しています。主イエスは十字架上で死んでから、霊において陰府に降って、そこを征服しました(第一ペトロ3:18-22、黙示録1:17-18参照)。そして主イエスは悪霊たちの武装を解除し、彼らを捕虜として引き連れて、天に昇っていきました。ですから、陰府の諸々の軍団も、教会には対抗できません。

キリストはすべての支配や権威の頭です。
神は、わたしたちの一切の罪を赦し、規則によってわたしたちを訴えて不利に陥れていた証書を破棄し、これを十字架に釘付けにして取り除いてくださいました。そして、もろもろの支配と権威の武装を解除し、キリストの勝利の列に従えて、公然とさらしものになさいました。
(コロサイ2:10,13-15)

 教会は地上において天国を代表する公的機関です。たとえるなら、教会は天国の大使館のようなものです。C国のPという首都に日本の大使館があるとします。そこにNK国の人が「助けてほしい。米国に行きたい」と言って、駆け込んできたとします。その人が政治的な理由や宗教的な理由でNK国の政府から迫害されていた場合、日本大使館はどのように対応するでしょうか。NK国の政府がその人の引き渡しを求めても、この場合、日本大使館はそれを拒み、その人を米国に行かせてあげなければなりません。それが国際的なルールです。C国にあっても、日本大使館の敷地内はC国の法律ではなくて、日本の法律が適用されます。治外法権が認められているのです。そのごとく教会は天国の大使館なのです。

 私たち教会は<天国の鍵>を用いて、<陰府の軍門>に囚われていく人々を解放し、天国に移し入れなければなりません。宣教とは霊的な救出戦に他ならないのです(使徒26:18、エフェソ6:10-20参照)。

 私たちも主の助けにより大胆に信仰を告白して、堅固な教会を建て上げ、救霊戦を続けましょう。

f:id:nozomu-kanai:20200713220211j:plain

北京の日本大使館