読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

石居正己著『教会とはだれか』

私は仕事柄、礼拝論・礼拝学に興味がありまして、ここ数年、関係する本を漁っています。その中で、スゴイ本が一つありました。

 

石居正己著『教会とはだれか ー ルターにおける教会』
(リトン、2005年)
です。

 

「Gottesdienst Divine Service 神の奉仕としての礼拝」を取り戻すことが、ルターの宗教改革の本質であり、プロテスタントローマ・カトリック教会の決定的な違いなんですね。私は、そんなことも知らずに、牧師をしておりました f^^;

 

ルーテル教会の神学は、聖書神学も歴史神学も組織神学も実践神学もすべて、キリスト中心であり、礼拝中心に組み立てられています。ダンゴの串のごとく貫かれておるのです。

 

私は神戸ルーテル神学校で受講してみて、それがよくわかりました。「これが本来の福音主義なのか!」と、大変なショックを受けました。福音主義=伝道第一主義のごとき環境に長年漬かっていましたもんで(汗)

 

福音主義」というのは、「礼拝」というのは、おっそろしく、いやいや、すんばらしく深〜い世界なんですね!

 

石居正己先生の最後のご奉仕であられた「教会史」の講義を神戸で受講できたことは、非常な幸いでした。この講義は三鷹ではしておられなかったそうです。「見たかった」という先生方がたくさんおられるでしょう。私も一部しか受講していないので、「教会史1」から「4」まで全部を受講したかったです(ビデオがあるかもしれませんが)。

石居先生には、まことに感謝であります(TT)

 

f:id:nozomu-kanai:20120807093203j:plain

 

教会とはだれか―ルターにおける教会

教会とはだれか―ルターにおける教会