読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

ただ一つの道(ヨハネ14:1~14)

説教 礼拝説教 イエス 宣教 救い 信仰 天国 教会 神の国 祈り キリスト 死生学 福音

【金言】わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。 ヨハネ14:6)

 

  1. 天にある父の家

 

主イエスは敵に捕らえられる前に、弟子たちに、その後の彼らの歩みのために必要な訓示を語られた。
主が地上を去る日の近いことを聞かされて、弟子たちは動揺した。そこでイエスは彼らに仰せになった。

「あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい」

キリスト教」信仰とは、生ける神、主に信頼する人格的な関係である。

「わたしの父の家には、住まいがたくさんあります。(中略)あなたがたのために、わたしは場所を備えに行くのです」
御子イエスがこの世に来られたのは、人類の罪を贖い、彼を信じる者たちに永遠のいのちを与えるためである。そして、イエスが天に帰られるのは、その信徒たちを、天にある「父の家」に迎える備えをするためである。


  2. ただ一つの道


 弟子たちは悟らなかったが、イエスは、はっきりと語られた。

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」

「わたしを見た者は、父を見たのです」

「わたしが父におり、父がわたしにおられる」

「わたしのうちにおられる父が、ご自分のわざをしておられるのです」

これは三位一体の奥義、神秘である。
神の御子なるイエスがこの地上に来られたことによって、人類は真の神を知り、神と和解させていただいて、天に通じることができるようにされたのである。

 

  3. さらに大きなわざ

 

「まことに、まことに(アーメン、アーメン)、あなたがたに告げます」

これは非常に重要な告知である。

わたしを信じる者は、わたしの行なうわざを行ない、またそれよりもさらに大きなわざを行ないます

イエスを信じる者たちは、イエスのわざを受け継ぎ、それに勝る「大きなわざ」を遂行する。すなわち、全世界の民に、イエス・キリストの福音を伝えるのである。

「わたしは、あなたがたがわたしの名によって求めることは何でも、それをし
ましょう。父が子によって栄光をお受けになるためです」
イエスの御名による祈りは、すべて神に聞き届けられる。ただ主に信頼して祈り、福音のわざに仕えていこう。