読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

「天上の教会」黙示録7:9〜17(召天者合同記念礼拝)

【金言】なぜなら、御座の正面におられる小羊が、彼らの牧者となり、いのちの水の泉に導いてくださるからです。また、神は 彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださるのです。(黙示録7:17)

 

1.死後の状態

 

人は死んだら、どうなるのか。古来、人々はいろいろなことを考えてきた。主な考え方を挙げてみよう。

 

①死によって、体も心も人間存在の全体が消滅する(唯物論)。

②体から魂が抜け出て浮遊する(古代日本)。

③魂は他の人間に生まれ変わる(古代ギリシア)。

④魂は他の人間か動物に生まれ変わり、やがて成仏する(ヒンドゥー教、仏教)。

⑤魂は天国か地獄か煉獄に行く。煉獄では刑罰を受けて浄化される(カトリック)。

⑥魂は眠って無意識となる(プロテスタントの一部)。

⑦キリストの恩恵にあずかって天国に行く魂と、よみ(ハデス)に行く魂がある(プロテスタントの多数派)。

 

⑥⑦はいずれも、キリストの再臨によって、すべての人は体をもって復活し、最後の審判を受けて、新天新地に入る者と地獄(ゲヘナ)に行く者に分けられる。

 

私たちは神の言葉である聖書を基準として考え、⑦が正しいと信じている。

 

2.天上の教会

 

ヨハネの黙示録第7章において、私たちは天国の様子をかいま見ることができる。

 

①そこには、<あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、だれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆>が集められている。

 

②<彼らは、大きな患難から抜け出て来た者たちで、その衣を小羊の血で洗って、白くした>。キリストの十字架の血によって罪をきよめられた人たちである。

 

③<彼らは神の御座の前にいて、聖所で昼も夜も、神に仕えている>。

 

④彼らは<御座の前にひれ伏し、神を拝して>高らかに讃美の歌を歌っている。

 

⑤神が彼らと共におられるので、<彼らはもはや、飢えることもなく、渇くこともなく、太陽もどんな炎熱も彼らを打つことは>無い。

 

地上の歩みには多くの困難があり、苦しみがある。けれども、主が共にいて、私たちをゴールまで導いてくださる。天国では、主が大いなる慰めと豊かな報いを与えてくださる。

私たちも、与えられた馳せ場を走り抜いて、先に天に召された聖徒たちに続く者でありたい。