読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

プロ市民と化した牧師たち

f:id:nozomu-kanai:20151016181246j:plain

プロ市民」という用語があります。アマチュアの市民活動のように見えるけれど、実態は政党、左翼団体、右翼団体、在日民族団体、労働組合、教職員組合、生協、業界団体、宗教団体等に属するプロの活動家たちが指導している、というものです。筆者もかつて、生協や労働組合に属して、市民運動的な社会運動に関わったことがあるので、その辺りの事情が多少わかります。

ウィキペディアでは「プロ市民」に二つの意味がある、と説明されています。
プロ市民 - Wikipedia

(1) 「地域密着型の活動を通しプロ意識を持って政治や地域活動に参加する市民になろうという運動や人々を指す」。「市民セクタのプロフェッショナルとしての活動」。
⇒筆者が3年間勤務していた「生活クラブ生協」の職員や理事・地方議員等は、まさにこれです。このタイプの市民運動・社会運動を始めた人たちには、安保闘争に疑問を持った人が多いのです。「地域の生活者から遊離したら、共産主義イデオロギーに支配されて、おかしなことになるぞ」と気づいた人たちです。この流れの一部は、社民連から民主党結成へと進みましたが、今はどうなっているでしょう?
生活クラブ事業連合生活協同組合連合会 - Wikipedia
www.seikatsuclub.coop
kanai.hatenablog.jp

(2) 「一般市民を装い市民活動と称しているが、実質的には営利目的または別の目的を持つ政治活動家」。「特定グループに属する市民・党派や、特定のプロパガンダ、外国勢力などのために利益誘導の活動を行っている者」。
⇒筆者が5年間所属していた、共産党系の労働組合横浜市従業員労働組合」の役員や専従職員は、これです。
www.siju.or.jp
左翼政党は政党交付金を受け取らなかったり、受け取っても少額だったりするので、資金にいつも困っています。だから、こうした支持母体や関係団体の人・物・金の動員に頼る部分が非常に大きいのです。
筆者は1995年に、労組の派遣で、米軍への抗議集会に参加するために、沖縄に行きました。少女暴行事件が起こったときです。共産党系の「県民大会」は、全国から集められたプロ市民だらけでした。
沖縄米兵少女暴行事件 - Wikipedia

テレビ局は、市民の活動を報道すれば中立性を保てる、という名目があります。そのため、デモの参加者にインタビューをして、そのままニュースで流しています。しかし実は、上手に受け答えしている人は、プロ市民だったりするのです。

★ハッキリ言いますと、キリスト教関係者は、見事に左翼に利用されています!

牧師や神学校の教師、キリスト教ジャーナリスト、学生などがプロ市民になって、無償で人・物・金を動員してくれる。SEALDsの何割くらいがキリスト教関係者でしたっけ?
f:id:nozomu-kanai:20161005165035j:plain
キリスト者平和ネット ホームページ
日本カトリック 正義と平和協議会 公式サイト

業界団体(NCC,JEA,YMCA,YWCA,教団など)が組織をあげて、左翼と同様の声明を出してくれるし、業界紙(キリスト新聞、クリスチャン新聞、他)でバッチリ左翼の宣伝と教育をしてくれる。新聞で「戦争法(案)」という用語を使うのは、左翼系だけです。
f:id:nozomu-kanai:20160620072209j:plain
https://www.facebook.com/戦争法廃止を求める宗教者の会-1011753238835134/
jeanet.org
xn--pckuay0l6a7c1910dfvzb.com

また、教会の礼拝や教会関係の集会で、牧師が脱原発憲法第九条、集団的自衛権日米安保、米軍基地、安倍政権、従軍慰安婦などの話をして、信者を教育し、左翼の運動に動員してくれる。キリスト教撲滅を目標とする共産主義者にとって、これほど愉快なことは無いでしょう。

マルクスの超素顔―封印されていた闇の超権力(サタニスト)との関係 (5次元文庫)

マルクスの超素顔―封印されていた闇の超権力(サタニスト)との関係 (5次元文庫)

http://smcb.jp/column/detail/6653621/smcb.jp
www.newsweekjapan.jp

戦後、日本のプロテスタント主流派(エキュメニカル派、NCC系)では、赤岩栄を始めとして、共産主義を積極的に支持する牧師が生まれました。
赤岩栄 - Wikipedia

左翼のメンバーが、神学校を卒業して、牧師となったことが、その大きな要因でしょう。中核派革マル派といった過激派の関係者も、これに含まれています。日本のプロテスタント最大の教団である日本基督教団では、彼らは「社会派」と呼ばれます。

1970年には、安保闘争と反万博闘争で日本基督教団は大荒れとなりました。日本のプロテスタントを代表する神学校である、東京神学大学がその騒動の中心となったため、これは「東神大闘争」あるいは「東神大紛争」と呼ばれます。東神大バリケード封鎖を行ったのは、革マル派です。東神大教授会は機動隊の力で社会派を鎮圧しました。それ以降、東神大は「教会派」が支配的となりました。
社会派 - Wikipedia

日本基督教団 実録教団紛争史

日本基督教団 実録教団紛争史

日本のプロテスタント非主流派である福音派は、社会運動には消極的で、伝道に熱心でした。ところが近年は、福音派にも、社会運動に深く関与する牧師や信徒が増えています。それは、「キリスト者の社会的責任」を強調するローザンヌ運動の影響を受けたことが一因であり、NCC系の社会派から影響を受けたことも一因に挙げられるでしょう。
f:id:nozomu-kanai:20160827121350j:plain
特定秘密保護法に反対する牧師の会: 3月 2015

政治的に特定の立場に立つことが、聖なる公同の教会に仕えるしもべとして適切かどうか、牧師はよくよく注意する必要があると思います。日本福音同盟キリスト者学生会のような協教派の団体では、なおさらです。公務員は政治活動が制限されていますが、それは国民に仕える公僕として当然です。牧師も広義の教会において、それに似た立場ではないでしょうか。

これはとても参考になる良い記事です。
app.m-cocolog.jp

右翼でも左翼でも、特定の思想を持つことは個人の自由です。それを表現することも、他人の権利を侵害したり、公共の福祉を損ねたりしない限り、自由であるはず。

日本国憲法

第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
第十九条  思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第二十条  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
2  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3  国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
第二十三条  学問の自由は、これを保障する。
第二十八条  勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する。

筆者が問題視しているのは、
◆「牧師」という立場や「教団」あるいは「日本福音同盟」のごとき協教派団体を利用して、
◆特定のイデオロギー、とりわけキリスト教信仰に反する思想に基づく
◆政治活動を推進する、あるいはそれに協力することです。
このような政治活動をしたい牧師は、「牧師」「教会」「教団」「日本福音同盟」等を利用せずに、一私人として活動したら良いのです。

ただし、我々牧師も、キリスト教信仰に明らかに反する問題に対しては、信仰の業として為すべきことがあるでしょう。それは偶像崇拝唯物論であり、具体的には国家神道マルクス主義です。それゆえ、キリスト者、特に牧師や協教派団体は、復古主義的・民族主義的な極右の団体、あるいは極左である共産党や過激派と、手を結ぶべきではありません。そのようなことをしたら、日本のキリスト教会・キリスト者は、日本の良識ある国民から、また、外国のキリスト教会・キリスト者から誤解(?)されて、信用を失うでしょう。
暴力革命の方針を堅持する日本共産党(警察庁)
f:id:nozomu-kanai:20150715151037j:plain

牧師をはじめとするキリスト者が左翼と共闘することによって、誰が得をするのでしょうか。中国や北朝鮮工作員の活動にも注意すべきでしょう。日本の牧師・キリスト者はお人好しが過ぎるかもしれません。
中国の沖縄での秘密工作とは その4 スパイと扇動と | NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]
中国の沖縄での秘密工作とは その5 沖縄独立を煽る | NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]

kanai.hatenablog.jp
kanai.hatenablog.jp
kanai.hatenablog.jp
kanai.hatenablog.jp
kanai.hatenablog.jp
kanai.hatenablog.jp
kanai.hatenablog.jp