KANAISM ーカナイズムー

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

キリストの真理にとどまれ(第一ヨハネ2:18-29)

f:id:nozomu-kanai:20191006185700j:plain

聖霊降臨日(ペンテコステ

■聖書朗読 ヨハネの手紙 第一 2章18~29節(新改訳第3版)


18 小さい者たちよ。今は終わりの時です。あなたがたが反キリストの来ることを聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現れています。それによって、今が終わりの時であることがわかります。19 彼らは私たちの中から出て行きましたが、もともと私たちの仲間ではなかったのです。もし私たちの仲間であったのなら、私たちといっしょにとどまっていたことでしょう。しかし、そうなったのは、彼らがみな私たちの仲間でなかったことが明らかにされるためなのです。

20 あなたがたには聖なる方からのそそぎの油があるので、だれでも知識を持っています。21 このように書いて来たのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、真理を知っているからであり、また、偽りはすべて真理から出てはいないからです。22 偽り者とは、イエスがキリストであることを否定する者でなくてだれでしょう。御父と御子を否認する者、それが反キリストです。23 だれでも御子を否認する者は、御父を持たず、御子を告白する者は、御父をも持っているのです。24 あなたがたは、初めから聞いたことを、自分たちのうちにとどまらせなさい。もし初めから聞いたことがとどまっているなら、あなたがたも御子および御父のうちにとどまるのです。25 それがキリストご自身の私たちにお与えになった約束であって、永遠のいのちです。

26 私は、あなたがたを惑わそうとする人たちについて以上のことを書いて来ました。27 あなたがたの場合は、キリストから受けたそそぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべてのことについてあなたがたを教えるように、――その教えは真理であって偽りではありません――また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです。28 そこで、子どもたちよ。キリストのうちにとどまっていなさい。それは、キリストが現われるとき、私たちが信頼を持ち、その来臨のときに、御前で恥じ入るということのないためです。29 もしあなたがたが、神は正しい方であると知っているなら、義を行う者がみな神から生まれたこともわかるはずです。

 

f:id:nozomu-kanai:20191006201007j:plain

ローマ時代の陸海交通図


■説教要旨 「キリストの真理にとどまれ」


 現代の社会は次々と新しいものを生み出して、それらを世界中に流通させています。その新しい環境に順応することが適切だ、という価値観が支配的です。宗教・キリスト教の世界ですら、そのような傾向があるかもしれません。

 1世紀の地中海世界でも、これに似た現象がありました。パクス・ロマーナ(ローマの平和)と呼ばれる安定した世界秩序のもとで交通や物流が発達し、グローバリゼーションが進行していたのです。使徒ヨハネが宣教の拠点としたエペソ(エフェソス)は、東西の大動脈が通っており、世界の各地から諸々の宗教が流入していました。市民はいつも知的・宗教的な新しい刺激を求めていました。

 1世紀後半のキリスト教会では、グノーシス主義と呼ばれる宗教思想が混入して、大きな問題となりました。グノーシス主義は物質や肉体を悪とし、霊魂を善とします(霊肉二元論)。人の霊魂は、神秘的な知識(グノーシス)を得ることによって、肉体という牢獄から解放されて、天に帰ることができる――。これがグノーシス主義の基本的な思想です。悟りによって救われるというのです。

 その宗教では、秘密の入会儀式において奥義が授けられ、入会者はグノーシスを得た「霊の人」と見なされます。霊の人は「深み」を知る霊的貴族と自認して高慢になり、まだ奥義を授かっていない者を「肉の人」と蔑みました。

 その一派であるケリントス主義者はこう教えました、「イエスは処女から生まれたのではなく、ヨセフとマリアから普通に生まれた人間だが、バプテスマの後にキリストの霊が鳩の形で彼に降った。イエスが苦しみを受ける前に、キリストの霊は彼を離れていた」。このように〈イエスがキリストであることを否定する者〉(2:22)、〈肉体をもって来られたイエス・キリスト〉(4:2)を告白しない霊は〈反キリスト〉(2:18)です。

 私たちが信仰と実践の基準とする聖書は、1900年以上経った今も、変わることがありません。使徒ヨハネは、〈あなたがたには聖なる方からの注ぎの油があるので、だれでも知識を持っています〉(2:20)と述べています。この「油」は聖霊の象徴です。〈その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです〉。聖書を通して聖霊が証ししてくださるイエス・キリストの真理に、しっかりと、とどまりましょう。

 

turkish.jp

グノーシス主義 - Wikipedia

japanesebiblewoman.hatenadiary.com 

パウロの歩いた道

パウロの歩いた道

 
ローマ帝国の神々―光はオリエントより (中公新書)

ローマ帝国の神々―光はオリエントより (中公新書)

 
ヨハネの手紙 (ティンデル聖書注解)

ヨハネの手紙 (ティンデル聖書注解)

 
キリスト教教父著作集 第2巻I

キリスト教教父著作集 第2巻I

 
エウセビオス「教会史」 (上) (講談社学術文庫)

エウセビオス「教会史」 (上) (講談社学術文庫)

 
グノーシスの神話 (講談社学術文庫)

グノーシスの神話 (講談社学術文庫)

 

 

人の義と神の愛(ヨナ4:1-11)

f:id:nozomu-kanai:20190921184023j:plain

ピーテル・ラストマン「ヨナと大魚」

■聖書朗読  ヨナ書4:1~11(新共同訳)


1 ヨナにとって、このことは大いに不満であり、彼は怒った。2 彼は、主に訴えた。
「ああ、主よ、わたしがまだ国にいましたとき、言ったとおりではありませんか。だから、わたしは先にタルシシュに向かって逃げたのです。わたしには、こうなることが分かっていました。あなたは、恵みと憐れみの神であり、忍耐深く、慈しみに富み、災いをくだそうとしても思い直される方です。3 主よどうか今、わたしの命を取ってください。生きているよりも死ぬ方がましです」
4 主は言われた。
「お前は怒るが、それは正しいことか」
5 そこで、ヨナは都を出て東の方に座り込んだ。そして、そこに小屋を建て、日射しを避けてその中に座り、都に何が起こるかを見届けようとした。
6 すると、主なる神は彼の苦痛を救うため、とうごまの木に命じて芽を出させられた。とうごまの木は伸びてヨナよりも丈が高くなり、頭の上に陰をつくったので、ヨナの不満は消え、このとうごまの木を大いに喜んだ。7 ところが翌日の明け方、神は虫に命じて木に登らせ、とうごまの木を食い荒らさせられたので木は枯れてしまった。8 日が昇ると、神は今度は焼けつくような東風に吹きつけるよう命じられた。太陽もヨナの頭上に照りつけたので、ヨナはぐったりとなり、死ぬことを願って言った。
「生きているよりも、死ぬ方がましです」
9  神はヨナに言われた。
「お前はとうごまの木のことで怒るが、それは正しいことか」
彼は言った。
「もちろんです。怒りのあまり死にたいくらいです」
10 すると、主はこう言われた。
「お前は、自分で労することも育てることもなく、一夜にして生じ、一夜にして滅びたこのとうごまの木さえ惜しんでいる。11 それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。そこには、十二万人以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから」


■説教要旨

 

アッシリア王国の首都ニネベの人々が悔い改めて、神による処罰を免れたことについて、ヨナは非常に不満であり、彼は怒りを神=主にぶつけました。ヨナにとってアッシリアは祖国イスラエルを脅かす敵国であり、ヨナはニネベの人々の悪行を憎んでいました。ヨナはニネベの滅亡を望んでいたのです。実際その後アッシリアは強大になり、前722年に北王国イスラエルを滅ぼすことになります(列王記下17:6)。

 

ニネベに関するヨナの考え・感情・態度は間違っていたのでしょうか。それは悪かったのでしょうか。主がヨナに「それは正しいことか」(4:4)と言って、彼を責めたのは、なぜでしょうか。

 

 ヨナが自分の民族・自分の国――とりわけ真の神である主に500年以上も命がけで従ってきたイスラエル――に対して特別な愛情を持つのは、当然です。主を恐れずに悪を重ね、イスラエルを脅かす敵国を滅ぼしてほしい、と彼が願うのも当然です。しかし、主が恵み深く憐れみに富んだお方であるがゆえに、ニネベの人々が悔い改めるならば、主は彼らをお赦しになる。そのこともヨナは予想していました。「これに呼びかけよ」とのご命令、どうしたものか。

 

ヨナはこの矛盾と葛藤に耐え切れず、〈主から逃れようとして〉逆方向の地中海へ向かいました。その深い海にバプタイズされて、彼は己の死を体験しました。主が〈陰府の底〉〈滅びの穴から引き上げてくださった〉。生きるも死ぬも何もかも、私のすべては主の御手のうちにある――。

 

魚の腹から吐き出されたヨナは〈主の命令どおり〉ニネベに行って、主の言葉を人々に告げました。すると予想どおり、ニネベの人々は悔い改めて悪の道を離れ、神は思い直して、災いを下すことを中止されました。

 

すると、ヨナは怒りが込み上げてきてしまったのです。主が為さることは、すべて正しい。けれども自分は納得できない。この現実を呑み込めない。もう「生きているより死ぬ方がましです」と、ヨナは主に訴えました。

 

ヨナは都を出て、東の方に小屋を建て、その中に座って町の様子をうかがいました。そこは灼熱の太陽が照らす酷暑の地です。〈主は彼の苦痛を救うため、唐胡麻の木に命じて芽を出させ……彼の頭の上に陰を作りました〉。唐胡麻にはつる状の茎と大きな葉があり、数日のうちに大きく生長して、日陰を作ることができます。しかし茎が損傷すると、すぐに枯れてしまいます。

 

〈翌日の明け方、神が虫に命じて木に登らせ、唐胡麻の木を食い荒らさせたので、木は枯れてしまいました〉。日が昇ると、神は焼けつくような東風を吹かせました。これは砂漠からの熱気を伴った季節風です。ヨナは弱り果てて、再びこう言いました。「生きているよりも、死ぬ方がましです」。

 

主はヨナを諭しました。「お前は、自分で労することも育てることもなく、一夜にして生じ、一夜にして滅びたこの唐胡麻の木さえ惜しんでいる。それならば、どうしてわたしが、この大いなる都ニネベを惜しまずにいられるだろうか。そこには12万人以上の右も左もわきまえぬ人間と、無数の家畜がいるのだから」。

 

ヨナ書は、神に選ばれた民が陥りやすい特権意識と差別について、警告しています。

神は、すべての人々が救われて真理を知るようになることを、望んでおられます。(第一テモテ2:4)。

ある人たちは、遅いと考えているようですが、主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです。(第二ペトロ3:9)

私たちは、隣人に対する主の思いを、理解しているでしょうか。主のご意思にかなった言動をしているでしょうか。

罪が赦される喜び(第一ヨハネ1:1-10)

f:id:nozomu-kanai:20190815163400j:plain

十字架上のイエス・キリスト

 

説教「罪が赦される喜び」
聖書:ヨハネの手紙一 1章1-10節

 

f:id:nozomu-kanai:20190815170132j:plain

エフェソス


ヨハネの手紙第一は、紀元80年代の後半か90年代の初め頃に、使徒ヨハネがエフェソで執筆して、小アジアの諸教会に送ったものと思われます。ヨハネは12使徒の最後の一人として、老齢になっても牧会の活動を続けていたようです。


この時代には〈偽預言者〉(4:1)がたくさん現れて、教会を混乱させていました。特に問題となっていたのは、霊魂を善とし肉体を悪とするグノーシス主義です。聖なる神の御子が悪しき肉体を持つはずがないと考えるのです。例えば次のような教えです。

 

「イエスは処女から生まれたのではなく、ヨセフとマリアから普通に生まれた人間だった。イエスバプテスマを受けた後に、キリストの霊が鳩の形で彼に降り、宣教を行った。イエスが苦しめられて死ぬ前に、キリストの霊は彼から離れ去っていた」

 

ヨハネがこの手紙を書いた目的の一つは、このような異端の誤りをただして、信徒を正しい健全な信仰に導くことでした。

 

初めからあったもの、わたしたちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て、手で触れたものを伝えます。すなわち、命の言について。――この命は現れました。御父と共にあったが、わたしたちに現れたこの永遠の命を、わたしたちは見て、あなたがたに証しし、伝えるのです。

 

神の御子イエス・キリストは、肉体を持つ一人の人間として30数年の人生を歩まれました。ヨハネはイエスと3年ほど共に宣教活動をして、直接このお方を体験しました。

 

わたしたちが見、また聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたもわたしたちとの交わりを持つようになるためです。わたしたちの交わりは、御父と御子イエス・キリストとの交わりです。

 

聖書が伝えるイエスをキリスト(救い主)と信じる人は誰でも、父なる神と御子イエスを礼拝する交わりに加わることができます。キリスト教の本質は、神との人格的な交わりです。教会が宣教を行うのは、人々をこの交わりに招くためです。


筆者は高校1年の夏に参加したバイブル・キャンプで、このヨハネの手紙第一1章5節から10節までを読んで、真剣な悔い改めに導かれました。すでにバプテスマを受けていましたが、

 

神との交わりを持っていると言いながら、闇の中を歩むなら、それはうそをついているのであり、真理を行ってはいません。

 

この御言葉を読んだ時に、これはまさに自分のことだ、と思いました。

 

自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださいます。

 

この約束を信じて、私は犯してきた罪を告白しました。そして、

 

御子イエスの血によってあらゆる罪から清められます。

 

という御言葉を信じました。

その時から私の心は解放されて、喜びがあふれてきました。


〈清められます〉と訳されているギリシア語は現在形になっています。英語で言うと現在進行形です。〈御子イエスの血〉は今も、いつまでも私たちを清め続けているのです。

 

https://biblehub.com/interlinear/1_john/1-7.htm

 

イエス・キリストは今も天にあって大祭司として、私たちのために父なる神にとりなしていてくださいます。私たちは日々悔い改めて、罪を赦していただき、清めていただきましょう。