カナイノゾム研究室

聖書のメッセージや社会評論などを書いています。

ナムアミダブツとキリスト教

f:id:nozomu-kanai:20171026195833j:plain

              鎌倉の大仏(阿弥陀仏

 『仏説無量寿経
一切の衆生救済のために王位を捨てて、世自在王仏のもとで法蔵菩薩と名乗り修行し、衆生救済のための五劫思惟し、浄土への往生の手立てを見出し、衆生救済のための「四十八願」を発願したのち、改めて誓いを立て修行し、それが成就しとなった報身仏と説かれる。また、現在も仏国土である「極楽」で説法をしていると説かれている。

出典阿弥陀如来 - Wikipedia

 

第十七願
原文 - 設我得佛 十方世界 無量諸佛 不悉咨嗟 稱我名者 不取正覺

訓読 - 設(も)し我れ仏を得たらんに、十方世界の無量の諸仏、ことごとく咨嗟(ししゃ)して、我が名を称せずば、正覚を取らじ。

意訳=私が仏となる以上、 全ての仏たちが私の名をほめ称(とな)えないということがあるならば、私は仏になるわけにいかない。

第十八願

原文 - 設我得佛 十方衆生 至心信樂 欲生我國 乃至十念 若不生者 不取正覺 唯除五逆誹謗正法

訓読 - 設(も)し我れ仏を得たらんに、十方の衆生、至心に信楽(しんぎょう)し、我が国に生ぜんと欲して、乃至十念せんに、若し生ぜずば、正覚を取らじ、唯五逆と誹謗正法は除く。

意訳 - 私が仏となる以上、(誰であれ)あらゆる世界に住むすべての人々がまことの心をもって、深く私の誓いを信じ、私の国土に往生しようと願って、少なくとも十遍、私の名を称えたにもかかわらず、(万が一にも)往生しないということがあるならば、(その間、)私は仏になるわけにいかない。ただし五逆罪を犯す者と、仏法を謗る者は除くこととする。

出典四十八願 - Wikipedia仏説無量寿経』「四十八願

称名念仏(しょうみょうねんぶつ)とは、仏の名号、特に浄土教においては「南無阿弥陀仏」の名号を口に出して称える念仏(口称念仏)をいう。

法然
平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、「南無阿弥陀仏」をひたすら称える「専修念仏」の教えを説いた。後に法然は、浄土宗の開祖と定められる。法然の説く念仏は、阿弥陀仏の本願(第十八願『念仏往生の願』)を信じて「南無阿弥陀仏」と仏の御名を称えれば、善人、悪人、老若男女、貧富の別なく、すべての衆生を救うと誓われた阿弥陀仏によって、臨終には阿弥陀仏をはじめ観音菩薩勢至菩薩や極楽の聖衆が来迎(らいこう)し、極楽浄土へ迎え入れ、彼の地に往生することが出来ると説いた。

また、この阿弥陀仏の選択本願の念仏は、臨終間際の悪人が善知識の勧めによってただの一遍称えただけでも救われると説く一方で、念仏の教えを信じる人は平生(普段から)より一生涯念仏を称え続けることが、阿弥陀仏の本願に順ずる事であると説き、法然は自らも日に六万遍、七万遍の念仏を称えたと伝えられている。

親鸞
親鸞は名号を「疑いなく(至心)我をたのみ(信楽)我が国に生まれんと思え(欲生)」という阿弥陀仏からの呼びかけ(本願招喚の勅命)と理解し、この呼びかけを聞いて信じ順う心が発った時に往生が定まると説いた。そして往生が定まった後の称名念仏は、「我が名を称えよ」という阿弥陀仏の願い(第十八願)、「阿弥陀仏の名を称えて往生せよ」という諸仏の願い(第十七願)に応じ、願いに報いる「報恩の行」であると説く。そのことを「信心正因 称名報恩」という。念仏を、極楽浄土へ往生するための因(修行・善行)としては捉えない。
出典:称名念仏 - Wikipedia

 f:id:nozomu-kanai:20171026205054j:plain

       法然(1133年~1212年)

f:id:nozomu-kanai:20171026182550j:plain

       親鸞(1173年~1262年)

 

修行を積んで仏となった阿弥陀如来衆生に功徳を分け与えるので「南無阿弥陀仏」(ナムアミダブツ)と唱えるだけで、どんな悪人でも救われて、極楽に往生できるーー。法然親鸞が説いたこのような他力本願の教え=浄土宗浄土真宗は、日本で最大の宗派となっています。筆者の父の実家(新潟県上越市)も、母方の祖父の実家(和歌山県すさみ町)も、浄土真宗の信徒でした。

 

岩本裕氏等、仏教学者の中には、「阿弥陀信仰=浄土教キリスト教の影響によって生まれた」と考える人たちがいます。

阿弥陀如来に関して、他力本願の思想は明らかにキリスト教の影響があると考えられる。(岩本裕著『仏教入門』p.178) 

仏教入門 (中公新書 32)

仏教入門 (中公新書 32)

 

 仏像が初めて生まれたのは紀元1世紀後半のガンダーラ地方ですが、それはギリシャの彫像に似ています。要するにヘレニズムの産物です。 

 使徒トマスはインドのみならず、中国でも宣教した、という伝説があります。東西の文明の交流は、1世紀にはすでに盛んに行われていたのです。

 トマス (使徒) - Wikipedia

 

岩本裕著『極楽と地獄-日本人の浄土思想』三一新書(1965年)

念仏しようという善意志と信心とは全くアミダ仏の恩寵の賜物。この思想は明らかにキリスト教の恩寵説と全く同じでありアウグスティヌス(354-430)の言葉を借りれば「恩寵の賜物」 Gratuitum donum「神の恩恵的な恩寵」Gratia Dei gratuitaであ り、したがって「恩寵が功徳を与えるのであって功徳によってそ れが与えられるのではない」Gratia dat merita, non meritis datur ということである。(p.216)

死後の審判という宗教信仰、すなわち宗教学でいう終末論(エシャトロジー)は、キリスト教ユダヤ教そしてイランのゾロアスター教では有名であるが、仏教にはもともとない思想である。
よく知られているように、仏教には善因善果・悪因悪果という業報思想があり、その結果として、四生あるいは六道に生れ変わり死に変わるという輪廻の思想があった。死後に審判を受けるという終末論的な思想は全然なかったのである。ところが、『霊異記』に見られる地獄の報告に関する諸説話、さらには平安末期以後の「三途の川」の所伝には、明らかに死後における審判という宗教思想がはっきりみとめられるのである。(p.192)

 極楽の原名がスカーヴァティであって、「幸福のある(土地)」の意味をもつ。(p.111)

スカヴァティーの名の起源は、どこに求められるのであろうか。結論を先にいうと、著者はスカヴァティーとはユダヤ教キリスト教で知られている「エデンの園」のエデンの訳語ないしその名にヒントを得た構成であると考えている。エデンとはヘブライ語で「快楽」を意味するエーデンのアラム語形であるが、アラム語ヘブライ語と同じく西部セム語派に属し、『旧約聖書』は最初この言語で編述された。(p.114)  

極楽と地獄 (1965年) (三一新書)

極楽と地獄 (1965年) (三一新書)

 

  

岩本裕著『佛教入門』中公新書 (1964年)

阿弥陀如来に関して、他力本願の思想は明らかにキリスト教の影響があると考えられる。......佛の本願とはキリスト教の恩寵説に おける「神の恩恵的な恩寵」gratia Dei gratuita と同一思想である。......佛教の本質は自力であり、大乗佛教の成佛思想も自力を基礎としている。それにもかかわらず、阿弥陀佛に関してのみ他力本願の説かれる理由は、佛教の内部では説明がつかない。キリスト教はすでに西暦二世紀にはインドの西北辺に達していたのであり、その後の数世紀にわたって佛教とキリスト教の交流がパルティア王国を中心に行なわれたのであって、キリスト教外典における佛教の影響は実に大きい。(p.178)

  

岩本裕著『布施と救済 大乗仏教』世界の宗教〈第7〉淡交社 (1969年)

このころ、ヒンドゥー経のバクティ(誠信)思想が仏教に受容されて本願思想が展開し、これが大乗仏教の菩薩思想と結合し、さらに西アジア方面の宗教思想(救済)の理念を受容して、阿弥陀仏と極楽の信仰があらわれた。(P.126)

 法然はこのようにいう。「それ速やかに生死をはなれんと思はば、......えらびて浄土門にいれ、浄土門に入らんと思はば......えらびて正行に帰すべし。正行の中を修せんと思はば......えらびて正定をもはらとすべし。正定の行とはすなはちこれ仏の御名を称するなり。名を称すれば必ず生るることを得。仏の本願によるが故に」と。ここに阿弥陀仏の本願は明らかに【ほとけ】の恩寵であることが指摘される。この恩寵をわが国で最初に発見したのは実は法然であった。(p.98)

親鸞の恩寵説では、阿弥陀仏の本願は絶対であり、老少善悪というような一切の相対的なものを否定するのである。阿弥陀仏の本願はわれわれの言語を絶し、われわれの思惟を越えるものであり、ただ「弥陀の誓願不思議にたすけまゐらせ」るよりほかに人間のおよぶものはなに一つないのである。恩寵説という点のみから見れば、親鸞の教えは宗教的に最高であると言っても過言ではないようである。(p.102)。

真宗は大乗佛教であるという主張に固執するかぎり、真宗教学は親鸞の純粋な恩寵説を曇らし汚しているかと思われる。真宗大乗仏教でもなく小乗仏教でもなく、いわば第三の「恩寵説の仏教」として展開するときに、親鸞の教えは真に宗教として花をひらくことになろう。(P.104)

  http://iwatachi.com/pdf/iwamoto

 

f:id:nozomu-kanai:20171026213559j:plain

        革命の闘士、聖パウロ Saint Paul, militant révolutionnaire

 

キリスト教浄土教と根本的に異なるのは、救世主イエス・キリストの歴史的実在です。

人間が修行して仏になったというのが浄土教です。いわば、成り上がり型。
これに対してイエスは、天から降ってきた神の御子です。へりくだり型。

浄土経典に記された阿弥陀仏の話は、歴史性が乏しい神話です。
しかし、神の御子イエスがひとりの人間としてこの世で生きて、十字架上で殺され、死後3日目に復活し、40日間、500人以上の人々にその姿を現わしたーー。これは歴史上の「事実」であると、聖書は証ししており、キリスト者はそれを信じています。

 

私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです。その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現われました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。その後、キリストはヤコブに現われ、それから使徒たち全部に現われました。そして、最後に、月足らずで生まれた者と同様な私にも、現われてくださいました。
新改訳聖書 第2版 第一コリント 15:3-8)

 

イエス・キリストによる人間の救済には、確かな根拠があるのです。

 

f:id:nozomu-kanai:20171026215035j:plain

 

人はイエス・キリストが為した誠実な業をとおしてでなければ、律法の行いのみでは義とされないと知って、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。それは律法の行いでなく、キリストの誠実な業によって義とされるためです。
(ガラテヤ2:16 浅野淳博訳)

(出典)浅野淳博著『ガラテヤ書簡』NTJ新約聖書注解(日本キリスト教団出版局)2017年 p.211

ガラテヤ書簡 (NTJ新約聖書注解)

ガラテヤ書簡 (NTJ新約聖書注解)

 

キリストのうちにこそ、神の満ち満ちたご性質が形をとって宿っています。そしてあなたがたは、キリストにあって、満ち満ちているのです。キリストはすべての支配と権威のかしらです

キリストにあって、あなたがたは人の手によらない割礼を受けました。肉のからだを脱ぎ捨て、キリストの割礼を受けたのです。

あなたがたは、バプテスマによってキリストとともに葬られ、また、キリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです。

あなたがたは罪によって、また肉の割礼がなくて死んだ者であったのに、神は、そのようなあなたがたを、キリストとともに生かしてくださいました。それは、私たちのすべての罪を赦し、いろいろな定めのために私たちに不利な、いや、私たちを責め立てている債務証書を無効にされたからです。神はこの証書を取りのけ、十字架に釘づけにされました。

神は、キリストにおいて、すべての支配と権威の武装を解除してさらしものとし、彼らを捕虜として凱旋の行列に加えられました。

新改訳聖書 第2版 コロサイ人への手紙 2:9-15)

 

f:id:nozomu-kanai:20171026214632j:plain

 

「神の御子イエスが人となって、誠実に神の義の要求を満たした。イエス・キリストはその義と人類の罪を交換して、贖いの死を十字架で成し遂げた。これによって人類の債務証書は無効となり、キリストは黄泉の力=罪と死の力から人々を解放した」

 

使徒パウロ、エイレナイオスをはじめとする古代の教父たち、そしてマルティン・ルターには、このような「勝利者キリスト」の信仰がありました。ですから、「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」(ローマ10:13)のです。このような「勝利者キリスト」の信仰は、日本人への宣教にかなり有効ではないでしょうか。

 

キリストのである阿弥陀仏の名を称えてきた日本人が、その実体であるエスを主キリストと信じ告白する時が、今、到来しているのではないでしょうか。

 

勝利者キリスト―贖罪思想の主要な三類型の歴史的研究 (1982年)

勝利者キリスト―贖罪思想の主要な三類型の歴史的研究 (1982年)

 

  

kanai.hatenablog.jp

kanai.hatenablog.jp